【写真特集】甲子園を沸かせた故郷のヒーロー

  • 沢村栄治京都商(京都) / 第20回戦火に散った、球史に残る伝説の大投手。全日本の一員として、米大リーグ選抜のベーブ・ルースらから三振を奪った (c)朝日新聞社

    沢村栄治
    京都商(京都) / 第20回
    戦火に散った、球史に残る伝説の大投手。全日本の一員として、米大リーグ選抜のベーブ・ルースらから三振を奪った (c)朝日新聞社

  • 川上哲治熊本工(熊本) / 第20・23回

    川上哲治
    熊本工(熊本) / 第20・23回
    "打撃の神様"の高校時代は、攻守の要としてチームを2度の準優勝に導いた。甲子園の土を持ち帰った最初の人物といわれる (c)朝日新聞社

  • 王貞治早稲田実(東京) / 第38・39回
2年生で迎えた第39回大会、2回戦で延長11回を投げ抜きノーヒットノーランを達成。延長戦に入っての記録は唯一となる (c)朝日新聞社

    王貞治
    早稲田実(東京) / 第38・39回
    2年生で迎えた第39回大会、2回戦で延長11回を投げ抜きノーヒットノーランを達成。延長戦に入っての記録は唯一となる (c)朝日新聞社

  • 尾崎行雄浪商(大阪) / 第42・43回
夏春夏と3季連続で対決した法政二との東西横綱対決を第43回大会で制した

    尾崎行雄
    浪商(大阪) / 第42・43回
    夏春夏と3季連続で対決した法政二との東西横綱対決を第43回大会で制した"怪童"。その後中退し、プロ入り後も活躍した (c)朝日新聞社

  • 桑田真澄PL学園(大阪) / 第65・66・67回
3年連続出場し、戦後最多の春夏通算20勝をあげた。春夏通算最多の13本塁打を記録した清原和博との

    桑田真澄
    PL学園(大阪) / 第65・66・67回
    3年連続出場し、戦後最多の春夏通算20勝をあげた。春夏通算最多の13本塁打を記録した清原和博との"KKコンビ"は不滅 (c)朝日新聞社

  • 原辰徳東海大相模(神奈川) / 第56・57・58回
3年連続で出場し、通算8試合で37打数15安打8打点を記録。原貢監督との父子鷹としても注目を集めた (c)朝日新聞社

    原辰徳
    東海大相模(神奈川) / 第56・57・58回
    3年連続で出場し、通算8試合で37打数15安打8打点を記録。原貢監督との父子鷹としても注目を集めた (c)朝日新聞社

  • 畠山準池田(徳島) / 第64回
大会ナンバーワン投手として活躍。

    畠山準
    池田(徳島) / 第64回
    大会ナンバーワン投手として活躍。"やまびこ打線"の中核を担い、決勝では本塁打を放ち、全国制覇を成し遂げた (c)朝日新聞社

  • 田中将大駒大苫小牧(北海道) / 第87・88回
第88回では引き分け再試合となった決勝2試合で力投。早稲田実の斎藤佑樹との投げ合いは、永遠に語り継がれる名勝負だ (c)朝日新聞社

    田中将大
    駒大苫小牧(北海道) / 第87・88回
    第88回では引き分け再試合となった決勝2試合で力投。早稲田実の斎藤佑樹との投げ合いは、永遠に語り継がれる名勝負だ (c)朝日新聞社

  • 江川卓作新学院(栃木) / 第55回
春の大会で奪三振記録を作り、全国の球児たちが

    江川卓
    作新学院(栃木) / 第55回
    春の大会で奪三振記録を作り、全国の球児たちが"打倒"を掲げた。「グワーンと上がってくる剛球」と表現された直球で魅了した (c)朝日新聞社

  • 松坂大輔横浜(神奈川) / 第80回
記念大会の千両役者。準決勝の明徳義塾戦は、劣勢の中、9回にマウンドに上がると、球場のボルテージは一気に高まった (撮影/東川哲也)

    松坂大輔
    横浜(神奈川) / 第80回
    記念大会の千両役者。準決勝の明徳義塾戦は、劣勢の中、9回にマウンドに上がると、球場のボルテージは一気に高まった (撮影/東川哲也)

  • 工藤公康名古屋電気(愛知) / 第63回
プロでもすぐに通用すると称された落差の大きいカーブで三振の山を築いた。初戦でノーヒットノーランを記録 (c)朝日新聞社

    工藤公康
    名古屋電気(愛知) / 第63回
    プロでもすぐに通用すると称された落差の大きいカーブで三振の山を築いた。初戦でノーヒットノーランを記録 (c)朝日新聞社

  • 大谷翔平花巻東(岩手) / 第93回
夏の甲子園の出場経験は1試合だけだったが、3打数1安打2打点をマークし、すでに二刀流の片鱗を見せていた (c)朝日新聞社

    大谷翔平
    花巻東(岩手) / 第93回
    夏の甲子園の出場経験は1試合だけだったが、3打数1安打2打点をマークし、すでに二刀流の片鱗を見せていた (c)朝日新聞社

  • 太田幸司三沢(青森) / 第50・51回
第51回大会決勝では、松山商の井上明と延長18回引き分け再試合を投げ抜いた。緊迫のゼロ行進に、国民は釘付けとなった (c)朝日新聞社

    太田幸司
    三沢(青森) / 第50・51回
    第51回大会決勝では、松山商の井上明と延長18回引き分け再試合を投げ抜いた。緊迫のゼロ行進に、国民は釘付けとなった (c)朝日新聞社

  • 関連記事

    • 数々の名投手や好打者が誕生 100回を迎える甲子園大会を沸かせた故郷のヒーロー13人

      数々の名投手や好打者が誕生 100回を迎える甲子園大会を沸かせた故郷のヒーロー13人

    • もう一度見たいあのユニフォーム… 甲子園に「戻ってきて欲しい」高校は?

      もう一度見たいあのユニフォーム… 甲子園に「戻ってきて欲しい」高校は?

    • 江夏を育てた名捕手の訃報 球史に残る後ろ姿

      江夏を育てた名捕手の訃報 球史に残る後ろ姿

    写真の記事を読む
沢村栄治京都商(京都) / 第20回戦火に散った、球史に残る伝説の大投手。全日本の一員として、米大リーグ選抜のベーブ・ルースらから三振を奪った (c)朝日新聞社
川上哲治熊本工(熊本) / 第20・23回
王貞治早稲田実(東京) / 第38・39回
2年生で迎えた第39回大会、2回戦で延長11回を投げ抜きノーヒットノーランを達成。延長戦に入っての記録は唯一となる (c)朝日新聞社
尾崎行雄浪商(大阪) / 第42・43回
夏春夏と3季連続で対決した法政二との東西横綱対決を第43回大会で制した
桑田真澄PL学園(大阪) / 第65・66・67回
3年連続出場し、戦後最多の春夏通算20勝をあげた。春夏通算最多の13本塁打を記録した清原和博との
原辰徳東海大相模(神奈川) / 第56・57・58回
3年連続で出場し、通算8試合で37打数15安打8打点を記録。原貢監督との父子鷹としても注目を集めた (c)朝日新聞社
畠山準池田(徳島) / 第64回
大会ナンバーワン投手として活躍。
田中将大駒大苫小牧(北海道) / 第87・88回
第88回では引き分け再試合となった決勝2試合で力投。早稲田実の斎藤佑樹との投げ合いは、永遠に語り継がれる名勝負だ (c)朝日新聞社
江川卓作新学院(栃木) / 第55回
春の大会で奪三振記録を作り、全国の球児たちが
松坂大輔横浜(神奈川) / 第80回
記念大会の千両役者。準決勝の明徳義塾戦は、劣勢の中、9回にマウンドに上がると、球場のボルテージは一気に高まった (撮影/東川哲也)
工藤公康名古屋電気(愛知) / 第63回
プロでもすぐに通用すると称された落差の大きいカーブで三振の山を築いた。初戦でノーヒットノーランを記録 (c)朝日新聞社
大谷翔平花巻東(岩手) / 第93回
夏の甲子園の出場経験は1試合だけだったが、3打数1安打2打点をマークし、すでに二刀流の片鱗を見せていた (c)朝日新聞社
太田幸司三沢(青森) / 第50・51回
第51回大会決勝では、松山商の井上明と延長18回引き分け再試合を投げ抜いた。緊迫のゼロ行進に、国民は釘付けとなった (c)朝日新聞社
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 数々の“暴走伝説”を持つ巨人・澤村、原監督が温める復活への秘策

    数々の“暴走伝説”を持つ巨人・澤村、原監督が温める復活への秘策

    dot.

    4/17

    脅威の25奪三振、一人で三重殺…夏の甲子園、地方予選の「神ってる記録」

    脅威の25奪三振、一人で三重殺…夏の甲子園、地方予選の「神ってる記録」

    dot.

    7/18

  • 山田雅人の「かたりの世界」が大人気 野球の名場面再現も

    山田雅人の「かたりの世界」が大人気 野球の名場面再現も

    週刊朝日

    10/27

    【写真特集】甲子園始球式に登場の松井秀喜

    【写真特集】甲子園始球式に登場の松井秀喜

    8/5

  • 12月26日はプロ野球誕生の日。約80年前にこの日が制定されたきっかけは一枚の似顔絵だった!?

    12月26日はプロ野球誕生の日。約80年前にこの日が制定されたきっかけは一枚の似顔絵だった!?

    tenki.jp

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す