西日本豪雨被災地で実際に記者がボランティア活動をして見たもの

 西日本豪雨災害の被災地で始まった復旧作業は、長期化する見通しだ。広島県坂町の被災地にボランティアで入ると、深刻な現状がよく見えた。

(写真/山本大輔)

【関連記事】
灼熱の西日本豪雨被災地で記者が学んだ「10分作業、10分休憩」ボランティアの鉄則

あわせて読みたい

  • 灼熱の西日本豪雨被災地で記者が学んだ「10分作業、10分休憩」ボランティアの鉄則

    灼熱の西日本豪雨被災地で記者が学んだ「10分作業、10分休憩」ボランティアの鉄則

    AERA

    7/23

    “人手”だけじゃない…豪雨被災地で見たボランティアの役割

    “人手”だけじゃない…豪雨被災地で見たボランティアの役割

    AERA

    7/24

  • 手つかずの被災家屋、足りない支援に“絶望死”続出の恐れも…コロナ禍が被災地支援の壁に

    手つかずの被災家屋、足りない支援に“絶望死”続出の恐れも…コロナ禍が被災地支援の壁に

    AERA

    8/1

    美智子さま 震災翌日に直接、電話で情報収集

    美智子さま 震災翌日に直接、電話で情報収集

    週刊朝日

    10/24

  • 「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    AERA

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す