「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

  • プーシキン美術館館長 マリーナ・ロシャクさん(左)、現代美術作家 森村泰昌さん森村さんは1985年、ゴッホの自画像に扮する写真作品を皮切りに、自画像作品で注目を集めてきた美術家。ロシャクさんは前衛美術のキュレーターなどで活躍していた2013年、同美術館の館長に電撃的に就任(撮影/植田真紗美)

    プーシキン美術館館長 マリーナ・ロシャクさん(左)、現代美術作家 森村泰昌さん
    森村さんは1985年、ゴッホの自画像に扮する写真作品を皮切りに、自画像作品で注目を集めてきた美術家。ロシャクさんは前衛美術のキュレーターなどで活躍していた2013年、同美術館の館長に電撃的に就任(撮影/植田真紗美)

  • フランス絵画コレクションで知られるプーシキン美術館から、17~20世紀の風景画65点が来日。7月21日~10月14日、大阪・国立国際美術館へ巡回(撮影/植田真紗美)

    フランス絵画コレクションで知られるプーシキン美術館から、17~20世紀の風景画65点が来日。7月21日~10月14日、大阪・国立国際美術館へ巡回(撮影/植田真紗美)

  • クロード・モネ 「草上の昼食」「登場人物がすべて同じ人に見える。なってみたい絵のひとつです」(森村さん)(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

    クロード・モネ 「草上の昼食」
    「登場人物がすべて同じ人に見える。なってみたい絵のひとつです」(森村さん)
    (c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

  • アンリ・ルソー 「馬を襲うジャガー」「襲っているのは、馬のほうでは? ジャングルの夜の夢のようなユーモラスな作品」(森村さん)(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

    アンリ・ルソー 「馬を襲うジャガー」
    「襲っているのは、馬のほうでは? ジャングルの夜の夢のようなユーモラスな作品」(森村さん)
    (c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

  • ポール・セザンヌ 「サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め」「描き込みが多く、木の枝など境がなくなって、抽象画に近い作品に」(森村さん)(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

    ポール・セザンヌ 「サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め」
    「描き込みが多く、木の枝など境がなくなって、抽象画に近い作品に」(森村さん)
    (c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

  • ピエール・ボナール 「夏、ダンス」地中海沿いの町で制作をおこなったボナールの喜びあふれる風景画。2人のお気に入りのひとつ(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

    ピエール・ボナール 「夏、ダンス」
    地中海沿いの町で制作をおこなったボナールの喜びあふれる風景画。2人のお気に入りのひとつ
    (c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

  • 自画像の美術史(レンブラントの遺言) カラー写真 2016年作<本物の絵画だと錯覚する人も> プーシキン美術館での私の個展に出品したうちの一点。レンブラントの自画像をテーマとしている。 名品が並ぶ美術館での展示であったため、モスクワではこの作品を絵画だと錯覚する人もいた。しかしこれは、私がレンブラントに扮装し撮影した、セルフポートレート写真である。 レンブラントは青年時代から、この世を去る直前まで自画像を描き続けた。私はそんな「自画像の画家」の最晩年の作を題材に選ぶことにした。 かつては飛ぶ鳥を落とす勢いであったレンブラントも、晩年は不遇だった。しかし最晩年の自画像は、憑き物がとれたかのような表情である。棺の中では誰もが穏やかな顔になるのだと、レンブラントの自画像は語っているかのようである。(美術家・森村泰昌)

    自画像の美術史(レンブラントの遺言) カラー写真 2016年作
    <本物の絵画だと錯覚する人も>
     プーシキン美術館での私の個展に出品したうちの一点。レンブラントの自画像をテーマとしている。
     名品が並ぶ美術館での展示であったため、モスクワではこの作品を絵画だと錯覚する人もいた。しかしこれは、私がレンブラントに扮装し撮影した、セルフポートレート写真である。
     レンブラントは青年時代から、この世を去る直前まで自画像を描き続けた。私はそんな「自画像の画家」の最晩年の作を題材に選ぶことにした。
     かつては飛ぶ鳥を落とす勢いであったレンブラントも、晩年は不遇だった。しかし最晩年の自画像は、憑き物がとれたかのような表情である。棺の中では誰もが穏やかな顔になるのだと、レンブラントの自画像は語っているかのようである。(美術家・森村泰昌)

  • 【プーシキン美術館展 公式グッズ】「バンダナ」ロシア語のアルファベットをモチーフに。1200円(税込み)

    【プーシキン美術館展 公式グッズ】
    「バンダナ」ロシア語のアルファベットをモチーフに。1200円(税込み)

  • 【プーシキン美術館展 公式グッズ】「ロシアAtoZマグネット」各600円(税込み)

    【プーシキン美術館展 公式グッズ】
    「ロシアAtoZマグネット」各600円(税込み)

  • 【プーシキン美術館展 公式グッズ】「トートバッグ」 プーシキン美術館展に登場する風景画家11人をデザイン。1600円(税込み)

    【プーシキン美術館展 公式グッズ】
    「トートバッグ」 プーシキン美術館展に登場する風景画家11人をデザイン。1600円(税込み)

  • 関連記事

    • プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

      プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    • 森村泰昌さんが大阪・北加賀屋に個人美術館

      森村泰昌さんが大阪・北加賀屋に個人美術館

    • 「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

      「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

    記事本文に戻る
プーシキン美術館館長 マリーナ・ロシャクさん(左)、現代美術作家 森村泰昌さん森村さんは1985年、ゴッホの自画像に扮する写真作品を皮切りに、自画像作品で注目を集めてきた美術家。ロシャクさんは前衛美術のキュレーターなどで活躍していた2013年、同美術館の館長に電撃的に就任(撮影/植田真紗美)
フランス絵画コレクションで知られるプーシキン美術館から、17~20世紀の風景画65点が来日。7月21日~10月14日、大阪・国立国際美術館へ巡回(撮影/植田真紗美)
クロード・モネ 「草上の昼食」「登場人物がすべて同じ人に見える。なってみたい絵のひとつです」(森村さん)(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
アンリ・ルソー 「馬を襲うジャガー」「襲っているのは、馬のほうでは? ジャングルの夜の夢のようなユーモラスな作品」(森村さん)(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
ポール・セザンヌ 「サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め」「描き込みが多く、木の枝など境がなくなって、抽象画に近い作品に」(森村さん)(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
ピエール・ボナール 「夏、ダンス」地中海沿いの町で制作をおこなったボナールの喜びあふれる風景画。2人のお気に入りのひとつ(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
自画像の美術史(レンブラントの遺言) カラー写真 2016年作<本物の絵画だと錯覚する人も> プーシキン美術館での私の個展に出品したうちの一点。レンブラントの自画像をテーマとしている。 名品が並ぶ美術館での展示であったため、モスクワではこの作品を絵画だと錯覚する人もいた。しかしこれは、私がレンブラントに扮装し撮影した、セルフポートレート写真である。 レンブラントは青年時代から、この世を去る直前まで自画像を描き続けた。私はそんな「自画像の画家」の最晩年の作を題材に選ぶことにした。 かつては飛ぶ鳥を落とす勢いであったレンブラントも、晩年は不遇だった。しかし最晩年の自画像は、憑き物がとれたかのような表情である。棺の中では誰もが穏やかな顔になるのだと、レンブラントの自画像は語っているかのようである。(美術家・森村泰昌)
【プーシキン美術館展 公式グッズ】「バンダナ」ロシア語のアルファベットをモチーフに。1200円(税込み)
【プーシキン美術館展 公式グッズ】「ロシアAtoZマグネット」各600円(税込み)
【プーシキン美術館展 公式グッズ】「トートバッグ」 プーシキン美術館展に登場する風景画家11人をデザイン。1600円(税込み)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    AERA

    10/19

    造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    AERA

    12/16

  • マネの絵の中に入ってバーテンダーの少女の感情に触れた――森村泰昌の写真館

    マネの絵の中に入ってバーテンダーの少女の感情に触れた――森村泰昌の写真館

    AERA

    10/25

    ボストン美術館が「紙の束」から発掘したジャクリーンからの手紙

    ボストン美術館が「紙の束」から発掘したジャクリーンからの手紙

    AERA

    9/28

  • 「食い下がろうとする姿勢が大事」 気鋭の美術家が提言する、コロナ後の社会の「在り方」

    「食い下がろうとする姿勢が大事」 気鋭の美術家が提言する、コロナ後の社会の「在り方」

    AERA

    5/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す