「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

 東京・上野の東京都美術館で、7月8日(日)まで開催中の「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」。ロシアの国立美術館である同館が誇るモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーガンといった教科書級のフランス絵画を、間近で目にできる貴重な展覧会となっている。4月中旬には、同展のオープニングに合わせ、プーシキン美術館のマリーナ・ロシャク館長も来日。同美術館とゆかりの深い、現代美術作家・森村泰昌さんと東京での再会が実現した。展示作品とともに、同展を紹介する。

■プーシキン美術館展 公式サイト
http://pushkin2018.jp/

【関連記事】
プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

写真=植田真紗美 撮影協力=上野精養軒、東京都美術館店「レストラン サロン」
構成=ライター・福光恵

(c)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

AERA 2018年5月28日号

あわせて読みたい

  • プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    AERA

    6/3

    森村泰昌さんが大阪・北加賀屋に個人美術館

    森村泰昌さんが大阪・北加賀屋に個人美術館

    12/16

  • 「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

    「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

    AERA

    5/31

    森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    AERA

    10/19

  • 造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    AERA

    12/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す