平昌五輪特集

AERA dot.

同時襲名舞台裏に密着! 高麗屋三代の覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月の歌舞伎座公演で、松本幸四郎が二代目松本白鸚を、市川染五郎が十代目松本幸四郎を、松本金太郎が八代目市川染五郎を襲名した。親・子・孫の三代同時襲名は、じつに37年ぶり、しかも高麗屋にとっては2代続けてとなる慶事。その舞台裏に密着した。

【関連記事】
高麗屋三代の同時襲名 白鸚・幸四郎・染五郎「芸」に新たな決意

写真=倉田貴志、横関一浩/岸本絢(写真部) 取材・文=佐藤裕美

週刊朝日 2018年1月26日号