意外なコラボレーションも!? 風景印と切手、はがきのバリエーションは無限大|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

意外なコラボレーションも!? 風景印と切手、はがきのバリエーションは無限大

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国各地、約1万1200の郵便局で扱われているご当地印「風景印」。郵便局ごとに違う図案の他に、押印する切手やはがき、台紙とのマッチングでさまざまなバリエーションが楽しめるのが魅力だ。風景印について多くの著書があるフリーライター、古沢保さん(46)や少年時代に風景印集めにはまったという長野県出身の読者に、コレクションの一部を提供してもらった。

【関連記事】
根強い人気の“風景印” 驚きの奥深さについ集めたくなる人続出?

文/南文枝、写真/古沢保さん提供(一部読者提供)