フォトギャラリー - 写真・図版 | 座禅で「脳断食」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

座禅で「脳断食」

このエントリーをはてなブックマークに追加

<次に手を組む>法界定印(ほっかいじょういん)坐禅を行うときの最も一般的な印相(手の組み方)が、法界定印。組んだ足の上に、右手のひらを上に向けてのせ、左手も同じように上に向けて右手に重ねる。そして左右の親指の腹をくっつく寸前のところまで近づける

<次に手を組む>
法界定印(ほっかいじょういん)
坐禅を行うときの最も一般的な印相(手の組み方)が、法界定印。組んだ足の上に、右手のひらを上に向けてのせ、左手も同じように上に向けて右手に重ねる。そして左右の親指の腹をくっつく寸前のところまで近づける



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい