医学国家試験の合格率、慶応大・慈恵医大より高い意外な大学とは? |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

医学国家試験の合格率、慶応大・慈恵医大より高い意外な大学とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 医学部生にとって、最終関門と言える医師国家試験が来年2月に迫っている。2017年は9618人が受験し、8533人が合格した。例年、合格率は90%前後で、17年の平均合格率は88.7%。最難関の東大でさえ88.9%で、新卒5人、既卒9人が不合格になっている。全大学の合格率を10年前と比較して紹介する。

文=庄村敦子

【関連記事】
医師国家試験の合格率調査 高まる医学部人気に潜む「学力低下」と「留年」

※週刊朝日ムック『医学部に入る 2018』