AERA dot.

旅行業の「業績、休廃業・解散」調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国の旅行業1,700社の2016年度(2016年4月-2017年3月)の売上高合計は、2兆6,241億3,100万円(前年度比2.2%減)と低迷し、利益金も155億7,100万円(同45.6%減)とほぼ半減した。
 
 国内宿泊旅行の不振、テロによる欧州旅行の低迷などで旅行業界の環境は厳しく、特に売上規模が小さい企業ほど赤字率が高く、小・零細規模の旅行業者の苦境が浮き彫りになった。

 また、2016年度に休廃業・解散した旅行業者は80社で、前年度より11社(15.9%)増加した。80社のうち、資本金1億円以上の企業はゼロで、少額資本または個人企業が大半を占めた。

※ 本調査は東京商工リサーチ(TSR)が保有する企業データベース(309万社)から、主業種が「旅行業」で、売上高が2014年度から3期連続で比較可能な1,700社を抽出、分析した。利益金は当期純利益を示す
東京商工リサーチ調べ)

【関連記事】
てるみくらぶ社長ら再逮捕 、毎年約100社が消滅する旅行会社の苦境