震度7 熊本地震|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

震度7 熊本地震

このエントリーをはてなブックマークに追加

平穏な街が、一変した。

「こっから一体、どぎゃんすっかね……」。余震で、眠れぬ夜を過ごした避難者らの表情には疲労感が漂う。倒壊した家屋や散らばったがれきの間を縫って自宅へ向かう人の足取りは重く、変わり果ててしまった家屋の前で茫然とする姿も見られた。

 

【関連記事】

余震続く熊本、阿蘇大地震 本誌が現場で見た、聞いた「これはいかんばい」阿鼻叫喚の被災地ルポ

地震直後、南阿蘇突入ルポ ガスの臭いが漂う中、倒壊家屋から女性の救出劇が始まった

まだまだ終わらない震災連鎖 地震研究の専門家が教える危険地帯

 

【関連フォトギャラリー】

500回以上の地震続く…熊本・益城町、各地で倒壊家屋

AFPカメラマンが捉えた熊本・益城町、余震続く

 

撮影/朝日新聞社 文/週刊朝日取材班

週刊朝日 2016年4月29日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい