水戸岡デザイン 京都丹後鉄道のグルメ観光列車「丹後くろまつ号」に乗ってみた!

  • 工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが改装を手掛けた「丹後くろまつ号」

    工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが改装を手掛けた「丹後くろまつ号」

  • 漆黒のボディーに松のロゴ、金色のラインなどが特徴的な外観だ

    漆黒のボディーに松のロゴ、金色のラインなどが特徴的な外観だ

  • 木がふんだんに使われた落ち着いた雰囲気の内装。入り口(右)には地元の特産品が展示されている

    木がふんだんに使われた落ち着いた雰囲気の内装。入り口(右)には地元の特産品が展示されている

  • 窓には京すだれのブラインド。日よけにも松の柄が

    窓には京すだれのブラインド。日よけにも松の柄が

  • テーブルセットも松のデザインで統一

    テーブルセットも松のデザインで統一

  • アテンダントが飲食物の準備をするスペースも

    アテンダントが飲食物の準備をするスペースも

  • 久美浜駅のホームで漁師汁を提供する小天橋観光協会のメンバー

    久美浜駅のホームで漁師汁を提供する小天橋観光協会のメンバー

  • 漁師汁には名産の「鯛せんべい」をのせていただく。砕いても良いそう

    漁師汁には名産の「鯛せんべい」をのせていただく。砕いても良いそう

  • 車窓にはのどかな田園風景が広がる。奥に見えるのは京丹後市久美浜町の「かぶと山」

    車窓にはのどかな田園風景が広がる。奥に見えるのは京丹後市久美浜町の「かぶと山」

  • コウノトリ大豆のおぼろ豆腐。(左から)米こうじ、しょうゆこうじ、わさびでいただく

    コウノトリ大豆のおぼろ豆腐。(左から)米こうじ、しょうゆこうじ、わさびでいただく

  • 車内ではタンブラー(左)やキーホルダーなどのグッズ販売も

    車内ではタンブラー(左)やキーホルダーなどのグッズ販売も

  • 久美浜から網野にかけては砂地が広がり、さまざまな作物が栽培されている

    久美浜から網野にかけては砂地が広がり、さまざまな作物が栽培されている

  • 網野駅ではおすしや会席料理が楽しめる名店「とり松」の名物、丹後ばらずしが目の前で切り分けて提供される

    網野駅ではおすしや会席料理が楽しめる名店「とり松」の名物、丹後ばらずしが目の前で切り分けて提供される

  • 丹後の「おふくろの味」だというばらずし。彩りが美しい

    丹後の「おふくろの味」だというばらずし。彩りが美しい

  • お土産は3種類の中から1点選べる

    お土産は3種類の中から1点選べる

  • (左から)丹後ちりめんの化粧品セット、メモ帳、パスケース

    (左から)丹後ちりめんの化粧品セット、メモ帳、パスケース

  • 天橋立駅が近づくと、車窓には海が広がる

    天橋立駅が近づくと、車窓には海が広がる

  • 車内に掲示された路線図。ここにも松のロゴが

    車内に掲示された路線図。ここにも松のロゴが

  • 天橋立駅では地魚の一刻干しや黒ちくわを七輪で焼いてくれる。香ばしいにおい!

    天橋立駅では地魚の一刻干しや黒ちくわを七輪で焼いてくれる。香ばしいにおい!

  • 京都丹後鉄道には他にも水戸岡デザインの車両がある。写真は丹後あおまつ号

    京都丹後鉄道には他にも水戸岡デザインの車両がある。写真は丹後あおまつ号

  • 関連記事

    • ななつ星は最低20万円…でも大丈夫! 1万円以下でも楽しめる水戸岡デザインのグルメ観光列車があった!

      ななつ星は最低20万円…でも大丈夫! 1万円以下でも楽しめる水戸岡デザインのグルメ観光列車があった!

    • 京都で人気の私鉄観光列車「丹後くろまつ号」をJR線で走らせるワケ 

      京都で人気の私鉄観光列車「丹後くろまつ号」をJR線で走らせるワケ 

    • 京都の新型特急「丹後の海」、水戸岡鋭治氏デザインの車両・内装を発表 ―京都丹後鉄道など

      京都の新型特急「丹後の海」、水戸岡鋭治氏デザインの車両・内装を発表 ―京都丹後鉄道など

    写真の記事を読む
工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが改装を手掛けた「丹後くろまつ号」
漆黒のボディーに松のロゴ、金色のラインなどが特徴的な外観だ
木がふんだんに使われた落ち着いた雰囲気の内装。入り口(右)には地元の特産品が展示されている
窓には京すだれのブラインド。日よけにも松の柄が
テーブルセットも松のデザインで統一
アテンダントが飲食物の準備をするスペースも
久美浜駅のホームで漁師汁を提供する小天橋観光協会のメンバー
漁師汁には名産の「鯛せんべい」をのせていただく。砕いても良いそう
車窓にはのどかな田園風景が広がる。奥に見えるのは京丹後市久美浜町の「かぶと山」
コウノトリ大豆のおぼろ豆腐。(左から)米こうじ、しょうゆこうじ、わさびでいただく
車内ではタンブラー(左)やキーホルダーなどのグッズ販売も
久美浜から網野にかけては砂地が広がり、さまざまな作物が栽培されている
網野駅ではおすしや会席料理が楽しめる名店「とり松」の名物、丹後ばらずしが目の前で切り分けて提供される
丹後の「おふくろの味」だというばらずし。彩りが美しい
お土産は3種類の中から1点選べる
(左から)丹後ちりめんの化粧品セット、メモ帳、パスケース
天橋立駅が近づくと、車窓には海が広がる
車内に掲示された路線図。ここにも松のロゴが
天橋立駅では地魚の一刻干しや黒ちくわを七輪で焼いてくれる。香ばしいにおい!
京都丹後鉄道には他にも水戸岡デザインの車両がある。写真は丹後あおまつ号
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 異例の選択!? JR九州の新型車両が白い理由

    異例の選択!? JR九州の新型車両が白い理由

    AERA

    4/8

    小浜線を走った「丹後くろまつ号」人気のレストラン列車で“おもてなし”を体感!

    小浜線を走った「丹後くろまつ号」人気のレストラン列車で“おもてなし”を体感!

    dot.

    11/6

  • 世界で初めてアニメから生まれた 岡山電気軌道 「チャギントン」

    世界で初めてアニメから生まれた 岡山電気軌道 「チャギントン」

    dot.

    6/30

    水戸岡鋭治が明かす観光列車デザイン「車両全体が舞台のような旅に」

    水戸岡鋭治が明かす観光列車デザイン「車両全体が舞台のような旅に」

    AERA

    12/2

  • 水戸岡デザインの車両がついに北海道へ! 水戸岡鋭治氏が手掛けた鉄道車両

    水戸岡デザインの車両がついに北海道へ! 水戸岡鋭治氏が手掛けた鉄道車両

    dot.

    7/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す