霞ヶ丘アパート 最後の日々|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

霞ヶ丘アパート 最後の日々

このエントリーをはてなブックマークに追加

新国立競技場建造に伴い、隣接する団地が取り壊される。

都営霞ケ丘アパートの住民百二十数世帯は、住み慣れた家から1月中に退去する。

団地内唯一の商店を舞台に繰り広げられた最後の日々――。

 

【関連記事】

消えゆく高度経済成長期の残照 霞ケ丘アパート最後の日々

 

撮影/写真部・植田真紗美、堀内慶太郎、取材・文/菊地武顕(本誌)

週刊朝日 2016年2月5日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい