フォトギャラリー - 写真・図版 | 守り続ける懐かしの味 メイド・イン・東京|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

守り続ける懐かしの味 メイド・イン・東京

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒明治11年創業小山酒造(北区)酒米を蒸して始まる酒づくり埼玉の造り酒屋の3代目の次男だった初代が「この場所の井戸水が日本酒に合う」と蔵を開いた。以後、関東大震災でも太平洋戦争の空襲でも被害を受けず、日本酒をつくり続けてきた。今も地下水をくみ上げて仕込む。
「うちは生産量が少なく、ほとんど地元で消費されているので飲んでくださる人の顔が見える」と常務取締役の小山久理さん。今は冬だけ泊まり込む杜氏や職人に代わり、醸造学を学んだ社員が酒づくりに取り組む。近所のおでん屋や居酒屋には、小山酒造の「丸眞正宗」の文字。愛される地域の地酒だ。自社オンラインショップで購入可東京都北区岩淵町26―10http://www.koyamashuzo.co.jp/company.php(撮影/写真部・大嶋千尋)

日本酒
明治11年創業
小山酒造
(北区)
酒米を蒸して始まる酒づくり
埼玉の造り酒屋の3代目の次男だった初代が「この場所の井戸水が日本酒に合う」と蔵を開いた。以後、関東大震災でも太平洋戦争の空襲でも被害を受けず、日本酒をつくり続けてきた。今も地下水をくみ上げて仕込む。
「うちは生産量が少なく、ほとんど地元で消費されているので飲んでくださる人の顔が見える」と常務取締役の小山久理さん。今は冬だけ泊まり込む杜氏や職人に代わり、醸造学を学んだ社員が酒づくりに取り組む。近所のおでん屋や居酒屋には、小山酒造の「丸眞正宗」の文字。愛される地域の地酒だ。自社オンラインショップで購入可
東京都北区岩淵町26―10
http://www.koyamashuzo.co.jp/company.php
(撮影/写真部・大嶋千尋)



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい