流麗なる花火の軌跡

漆黒の闇に鮮烈に、時に妖しくゆらめく炎。写真家・刑部信人さんの「花火」シリーズだ。

車のライトや星座など様々な光に魅せられ撮影を続けるうちに、一瞬の爆発が無数の軌跡となる花火に夢中になった。作品は長時間露光で閃光を捉え、流線を描いて完成させる。

鮮やかな光の筋は、夏の夜空に尾を引く流星を思い起こさせる。「カメラのなかに小さな宇宙をとじこめたような感覚でした」(刑部さん)

 

刑部信人(おさかべ・のぶと)

1984年生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。「フォト・プレミオ」「写真新世紀」などコンテストで受賞多数

 

撮影/刑部信人、文/永井貴子(本誌)

 

週刊朝日 2015年7月24日号

あわせて読みたい

  • 人員削減、経営統合…本当に大丈夫なのか

    人員削減、経営統合…本当に大丈夫なのか

    7/6

    【写真記事】富岡八幡宮の敷地内で男女4人が死傷 

    【写真記事】富岡八幡宮の敷地内で男女4人が死傷 

    12/8

  • 人気の“暑さ対策”グッズ

    人気の“暑さ対策”グッズ

    8/3

    【フォトギャラリー】筋力アップで就活も成功

    【フォトギャラリー】筋力アップで就活も成功

    8/19

  • 【写真特集】宮崎・日向発の男性用パンツが熱い!

    【写真特集】宮崎・日向発の男性用パンツが熱い!

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す