八重に会いに、冬の京都へ|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

八重に会いに、冬の京都へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年から放送が始まった、NHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公・山本(新島)八重は戊辰戦争で会津藩が敗れた後、京都で第二の人生を始める。

ドラマよりも先に、八重が暮らした街、夫となる新島襄に出会った京都をたどってみよう。

 

【記事はこちら 】

新島襄と八重が“日本人初”となった結婚式とは?

京都の隠れた名所 「八重の桜」夫婦が住んだ家


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい