フランクフルト ブックフェア

  • 駅の改札を出るとすぐそこが、会場入り口

    駅の改札を出るとすぐそこが、会場入り口

  • 日本の出展社の多くは6号館に

    日本の出展社の多くは6号館に

  • 会場ごとに出展者が分類されている

    会場ごとに出展者が分類されている

  • 各会場を結ぶ通路

    各会場を結ぶ通路

  • 日本の出展エリア。近所の韓国、中国と比べるといささか寂しい規模だったのは残念。来場する日本人も年々減ってきているという

    日本の出展エリア。近所の韓国、中国と比べるといささか寂しい規模だったのは残念。来場する日本人も年々減ってきているという

  • 東南アジア各国も。これはマレーシア

    東南アジア各国も。これはマレーシア

  • フランスのブースは大きく、にぎやかで活気がある

    フランスのブースは大きく、にぎやかで活気がある

  • イランも出版が盛んなようで、出展規模は小さくない

    イランも出版が盛んなようで、出展規模は小さくない

  • ブラジルも大きなスペースで出展

    ブラジルも大きなスペースで出展

  • ニュージ-ランドは今年のテーマ国

    ニュージ-ランドは今年のテーマ国

  • 大手出版はそれぞれ単独で豪華なブースを構えています。これはハーパー・コリンズ

    大手出版はそれぞれ単独で豪華なブースを構えています。これはハーパー・コリンズ

  • ランダムハウス

    ランダムハウス

  • マグロウヒル

    マグロウヒル

  • フランス・アシェットグループ

    フランス・アシェットグループ

  • 「ペンギン」もいました!

    「ペンギン」もいました!

  • 年々デジタル関係の出展者が多くなってきています

    年々デジタル関係の出展者が多くなってきています

  • Koboも大々的にプロモーションをしていました

    Koboも大々的にプロモーションをしていました

  • 凸版、大日本ともに、電子書籍の展示でした。これは凸版印刷のブース

    凸版、大日本ともに、電子書籍の展示でした。これは凸版印刷のブース

  • 並べられた本からお国ぶりが感じられます。フランスは食べ物のコーナーがありました

    並べられた本からお国ぶりが感じられます。フランスは食べ物のコーナーがありました

  • サウジアラビアでは、各国語のコーランを配ってました

    サウジアラビアでは、各国語のコーランを配ってました

  • アラビア文字の装丁は美しいですね

    アラビア文字の装丁は美しいですね

  • メキシコのブースで。「ルチャ・リブレ(プロレス)」の本が!

    メキシコのブースで。「ルチャ・リブレ(プロレス)」の本が!

  • メキシコらしい表紙の色

    メキシコらしい表紙の色

  • こんな楽しい本も

    こんな楽しい本も

  • 稀覯本の専門エリアもありました。

    稀覯本の専門エリアもありました。

  • 古地図も扱っています

    古地図も扱っています

  • 旅行書のコーナーにはミシェランも

    旅行書のコーナーにはミシェランも

  • 地図専門の出版社も数多く出展

    地図専門の出版社も数多く出展

  • 地球儀のメーカーってこんなにたくさんあるのかと関心。

    地球儀のメーカーってこんなにたくさんあるのかと関心。

  • 児童書のエリアは、明らかに他と雰囲気が違います。

    児童書のエリアは、明らかに他と雰囲気が違います。

  • おもちゃも!

    おもちゃも!

  • ブックフェアは展示会と版権売買の商談会です。会場の大きなエリアが商談のためのミーティングスペースになっています。

    ブックフェアは展示会と版権売買の商談会です。会場の大きなエリアが商談のためのミーティングスペースになっています。

  • ミーティングスペースはいろんなところに。

    ミーティングスペースはいろんなところに。

  • 皆さんスーツでなにやら商談中。ちなみに展示会にしてはスーツ姿の人が意外に少ないのもブックフェアの特徴です。

    皆さんスーツでなにやら商談中。ちなみに展示会にしてはスーツ姿の人が意外に少ないのもブックフェアの特徴です。

  • 商談は各社のブース内でも盛んに!

    商談は各社のブース内でも盛んに!

  • 会場が広いため、歩き疲れてしまいます。こんなくつろぎスペースがありました。

    会場が広いため、歩き疲れてしまいます。こんなくつろぎスペースがありました。

  • 会場内に”肩もみサービス”のコーナーも

    会場内に”肩もみサービス”のコーナーも

  • ちょっと立ち止まって、スマホでチェック。よく見られる光景です。

    ちょっと立ち止まって、スマホでチェック。よく見られる光景です。

  • キャラクターも疲れてお休み中。

    キャラクターも疲れてお休み中。

  • 当然。フランクフルトも売っている。

    当然。フランクフルトも売っている。

  • ドイツの展示会場ならでは。中庭ではビールメーカーBECK’Sのスタンドも。

    ドイツの展示会場ならでは。中庭ではビールメーカーBECK’Sのスタンドも。

  • 会場内各所にカフェがあるが、こういった移動式のワゴンも

    会場内各所にカフェがあるが、こういった移動式のワゴンも

  • アイルランドのブースで。夕方になったらふるまわれるギネスはブックフェアの名物

    アイルランドのブースで。夕方になったらふるまわれるギネスはブックフェアの名物

  • 飲み屋ではありません。ブックフェアのブースです。

    飲み屋ではありません。ブックフェアのブースです。

  • 飲み物にも、お国柄が。トルコのブースではチャイが飲まれていた。

    飲み物にも、お国柄が。トルコのブースではチャイが飲まれていた。

  • 多くのブースで、さかんに”飲み食い”しているのも、他の展示会ではあまり見かけないブックフェアの特徴。

    多くのブースで、さかんに”飲み食い”しているのも、他の展示会ではあまり見かけないブックフェアの特徴。

  • ワインのあるところには人が集まってきます

    ワインのあるところには人が集まってきます

  • 片手におつまみをもって、みなさんをおもてなし

    片手におつまみをもって、みなさんをおもてなし

  • これだけ見るとブックフェアとは…

    これだけ見るとブックフェアとは…

  • ちゃんとワインの後ろに本が展示されています

    ちゃんとワインの後ろに本が展示されています

  • 関連記事

    • 第20回東京国際ブックフェアを写真特集で

      第20回東京国際ブックフェアを写真特集で

    • 東洋最古の地下鉄 銀座線

      東洋最古の地下鉄 銀座線

    • 羽海野チカさん対談も! 第18回手塚治虫文化賞 贈呈式と記念イベントを写真で

      羽海野チカさん対談も! 第18回手塚治虫文化賞 贈呈式と記念イベントを写真で

    写真の記事を読む
駅の改札を出るとすぐそこが、会場入り口
日本の出展社の多くは6号館に
会場ごとに出展者が分類されている
各会場を結ぶ通路
日本の出展エリア。近所の韓国、中国と比べるといささか寂しい規模だったのは残念。来場する日本人も年々減ってきているという
東南アジア各国も。これはマレーシア
フランスのブースは大きく、にぎやかで活気がある
イランも出版が盛んなようで、出展規模は小さくない
ブラジルも大きなスペースで出展
ニュージ-ランドは今年のテーマ国
大手出版はそれぞれ単独で豪華なブースを構えています。これはハーパー・コリンズ
ランダムハウス
マグロウヒル
フランス・アシェットグループ
「ペンギン」もいました!
年々デジタル関係の出展者が多くなってきています
Koboも大々的にプロモーションをしていました
凸版、大日本ともに、電子書籍の展示でした。これは凸版印刷のブース
並べられた本からお国ぶりが感じられます。フランスは食べ物のコーナーがありました
サウジアラビアでは、各国語のコーランを配ってました
アラビア文字の装丁は美しいですね
メキシコのブースで。「ルチャ・リブレ(プロレス)」の本が!
メキシコらしい表紙の色
こんな楽しい本も
稀覯本の専門エリアもありました。
古地図も扱っています
旅行書のコーナーにはミシェランも
地図専門の出版社も数多く出展
地球儀のメーカーってこんなにたくさんあるのかと関心。
児童書のエリアは、明らかに他と雰囲気が違います。
おもちゃも!
ブックフェアは展示会と版権売買の商談会です。会場の大きなエリアが商談のためのミーティングスペースになっています。
ミーティングスペースはいろんなところに。
皆さんスーツでなにやら商談中。ちなみに展示会にしてはスーツ姿の人が意外に少ないのもブックフェアの特徴です。
商談は各社のブース内でも盛んに!
会場が広いため、歩き疲れてしまいます。こんなくつろぎスペースがありました。
会場内に”肩もみサービス”のコーナーも
ちょっと立ち止まって、スマホでチェック。よく見られる光景です。
キャラクターも疲れてお休み中。
当然。フランクフルトも売っている。
ドイツの展示会場ならでは。中庭ではビールメーカーBECK’Sのスタンドも。
会場内各所にカフェがあるが、こういった移動式のワゴンも
アイルランドのブースで。夕方になったらふるまわれるギネスはブックフェアの名物
飲み屋ではありません。ブックフェアのブースです。
飲み物にも、お国柄が。トルコのブースではチャイが飲まれていた。
多くのブースで、さかんに”飲み食い”しているのも、他の展示会ではあまり見かけないブックフェアの特徴。
ワインのあるところには人が集まってきます
片手におつまみをもって、みなさんをおもてなし
これだけ見るとブックフェアとは…
ちゃんとワインの後ろに本が展示されています
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 世界最大の写真機材展示会「photokina」余録

    世界最大の写真機材展示会「photokina」余録

    9/28

    東洋最古の地下鉄 銀座線【浅草駅~上野駅】

    東洋最古の地下鉄 銀座線【浅草駅~上野駅】

    4/14

  • プラレール博 in TOKYO

    プラレール博 in TOKYO

    5/11

    フクシマ・アネクメネ

    フクシマ・アネクメネ

    3/11

  • 東横線・副都心線乗り入れスタート! 新渋谷駅と旧渋谷駅を写真で

    東横線・副都心線乗り入れスタート! 新渋谷駅と旧渋谷駅を写真で

    3/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す