フクシマ・アネクメネ

原発から3.2キロ。一時帰宅した男性
ここから警戒区域に入る
無人の交差点で点滅する信号
原発近くにある病院のグラウンド
Jヴィレッジ内の防護服のゴミの山
雑草が伸び、道路に覆い被さっていた
飼い主を失った犬
太陽光パネルが皮肉に映る
車と並走する牛
警戒区域内では、自然が覚醒していた
車内の人間をじっと見つめる犬
親子3代で住んでいた女性の家
復刊アサヒグラフ
全記録 東北が泣いた一年
定価:500円(税込)
発売日:2012年2月10日
週刊朝日増刊

あわせて読みたい

  • 夏草は語る 7年目のフクシマ

    夏草は語る 7年目のフクシマ

    9/2

    福島第一原発20キロ圏内「止まり続ける時間」

    福島第一原発20キロ圏内「止まり続ける時間」

    週刊朝日

    3/14

  • 巨大画「フクシマ」 カタカナの題に込めた思い

    巨大画「フクシマ」 カタカナの題に込めた思い

    AERA

    3/24

    原発事故起こしたスリーマイル島・現地ルポ

    原発事故起こしたスリーマイル島・現地ルポ

    週刊朝日

    6/22

  • 原発施設の作業員は? 避難指示圏の避難民は?

    原発施設の作業員は? 避難指示圏の避難民は?

    週刊朝日

    4/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す