DAYS FUKUSHIMA|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

DAYS FUKUSHIMA

このエントリーをはてなブックマークに追加

線量計を身につけ、被曝量を管理しながら生活する子どもたち。手入れされず、雑草が伸び放題となった公園。先行きが見えない現状を嘆きながらも、牛の世話をし続ける男性。そして、過敏すぎる放射線への不安から、受け入れ先が見つからぬ瓦礫の山……。
非日常が日常化する異常な環境の中、福島の人々は生きている。
 
【関連フォトギャラリー】
復興した被災地ホテル・三陸海岸
フクシマ・アネクメネ
昭和三陸地震と東日本大震災
 
撮影:時津 剛
撮影日:2011年9月~2012年4月
 


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい