アトリエ村最後の一軒

  • 東京都豊島区長崎に残るアトリエ村「さくらが丘パルテノン」の最後の1軒(1936年築) (撮影/写真部・松永卓也)

    東京都豊島区長崎に残るアトリエ村「さくらが丘パルテノン」の最後の1軒(1936年築) (撮影/写真部・松永卓也)

  • 築78年のアトリエは、簡素な平屋の洋風一戸建て(撮影/写真部・松永卓也)

    築78年のアトリエは、簡素な平屋の洋風一戸建て(撮影/写真部・松永卓也)

  • 作品をあえて売ることをせず、生涯無名で好きな絵を描き続けていたという(撮影/写真部・松永卓也)

    作品をあえて売ることをせず、生涯無名で好きな絵を描き続けていたという(撮影/写真部・松永卓也)

  • ミシミシと音をたてる床、使い込んだ画材が、孤高の画家の息づかいを生々しく伝える(撮影/写真部・松永卓也)

    ミシミシと音をたてる床、使い込んだ画材が、孤高の画家の息づかいを生々しく伝える(撮影/写真部・松永卓也)

  • 西田さんは93歳で没する2012年まで、70年以上もここに一人で暮らしていた(撮影/写真部・松永卓也)

    西田さんは93歳で没する2012年まで、70年以上もここに一人で暮らしていた(撮影/写真部・松永卓也)

  • 昭和初期、アトリエ村が活気に溢れていた頃の様子(写真提供:榑松正利氏)

    昭和初期、アトリエ村が活気に溢れていた頃の様子(写真提供:榑松正利氏)

  • 戦争が始まり、多くの芸術家が召集されてから街は終息していった(写真提供:榑松正利氏)

    戦争が始まり、多くの芸術家が召集されてから街は終息していった(写真提供:榑松正利氏)

  • (写真提供:榑松正利氏)

    (写真提供:榑松正利氏)

  • 関連記事

    • 池袋のアトリエ村 “最後のアーティスト”は作品を売らず…

      池袋のアトリエ村 “最後のアーティスト”は作品を売らず…

    • 「消滅可能性都市」豊島区 生き残りかけて新たな取り組み

      「消滅可能性都市」豊島区 生き残りかけて新たな取り組み

    • 11月11日 1が並ぶ日に望む日本一の山

      11月11日 1が並ぶ日に望む日本一の山

    写真の記事を読む
東京都豊島区長崎に残るアトリエ村「さくらが丘パルテノン」の最後の1軒(1936年築) (撮影/写真部・松永卓也)
築78年のアトリエは、簡素な平屋の洋風一戸建て(撮影/写真部・松永卓也)
作品をあえて売ることをせず、生涯無名で好きな絵を描き続けていたという(撮影/写真部・松永卓也)
ミシミシと音をたてる床、使い込んだ画材が、孤高の画家の息づかいを生々しく伝える(撮影/写真部・松永卓也)
西田さんは93歳で没する2012年まで、70年以上もここに一人で暮らしていた(撮影/写真部・松永卓也)
昭和初期、アトリエ村が活気に溢れていた頃の様子(写真提供:榑松正利氏)
戦争が始まり、多くの芸術家が召集されてから街は終息していった(写真提供:榑松正利氏)
(写真提供:榑松正利氏)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 富士山に「つるし雲」 雨の前兆?

    富士山に「つるし雲」 雨の前兆?

    tenki.jp

    11/14

    生活困窮者の住まいに「空き家」活用 “事故物件”を危惧し増えぬ現状も

    生活困窮者の住まいに「空き家」活用 “事故物件”を危惧し増えぬ現状も

    週刊朝日

    6/21

  • リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    AERA

    8/11

    気分は探偵?この秋参加したいリアル謎解きイベント<東京編>

    気分は探偵?この秋参加したいリアル謎解きイベント<東京編>

    tenki.jp

    9/16

  • 2大ブランド対決! あまおうvs.とちおとめ

    2大ブランド対決! あまおうvs.とちおとめ

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す