フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「ニッポンの課長」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「ニッポンの課長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

チロルチョコ
味を記憶、再現、開発

チロルチョコ 開発部・部長代理 松嶋祐介(40)

 2月14日に手作りチョコを本命男子にあげた一方で「義理」として買い求めやすいチロルチョコを渡した経験もある。

 現在、チロルチョコ東京本社には約20人が在籍し、平均年齢は30代前半。開発部部長代理の松嶋祐介はプレイングマネジャーとして、研究開発、企画、九州で新規開発に携わる計9人を統括する。生産ラインは福岡にあるため、昨年は東京と九州を50往復ほどした。試作とライン生産では味や粘度が「ぶれる」ことがあるため、新商品の初回生産に毎度立ち会う。

 年間30品ほどの新味を生み出す中、最近は生チョコ仕立てや「いちごがいっぱい」シリーズなどの開発に携わった。2月には「モーツァルトチロル」を発売。オーストリアの伝統的な菓子「マジパン」をチョコ内に注入することに挑戦し、新しく設備の投入を行った。

「今後もこの設備で新しい食感の製品を開発していくというテーマができました」

 元々甘いものが好きな松嶋。高校時代は水球部で、練習後にチョコやグミなどをよく口にしていた。明治大学農学部卒業後、1999年に大阪の食品メーカーに就職。研究開発職で修業を積むも、32歳の時に「東京で仕事をしたい」という思いで同社へ転職した。

 試食が仕事ゆえ、多い時には1日20個ほどチョコを食べる時もある。そのため、夕食を減らしたり、休日はサイクリングやプールへ出かけたりと体調管理は欠かさない。目まぐるしい日々を送るが、「部下も帰りづらいと思うので」と、なるべく残業はしないよう心がけている。

 小1の長女に、「友達の間ではミルク味が1番人気」と言われ、顔をほころばせる一面も。

 得意なことは、食べた物の味を覚え、それを再現すること。
 日々、アンテナを張り、色々な物を食べ、商品開発への糸口を探求している。

(文中敬称略)

編集部・小野ヒデコ 写真・門間新弥

チロルチョコ
味を記憶、再現、開発

チロルチョコ 開発部・部長代理 松嶋祐介(40)
 2月14日に手作りチョコを本命男子にあげた一方で「義理」として買い求めやすいチロルチョコを渡した経験もある。
 現在、チロルチョコ東京本社には約20人が在籍し、平均年齢は30代前半。開発部部長代理の松嶋祐介はプレイングマネジャーとして、研究開発、企画、九州で新規開発に携わる計9人を統括する。生産ラインは福岡にあるため、昨年は東京と九州を50往復ほどした。試作とライン生産では味や粘度が「ぶれる」ことがあるため、新商品の初回生産に毎度立ち会う。
 年間30品ほどの新味を生み出す中、最近は生チョコ仕立てや「いちごがいっぱい」シリーズなどの開発に携わった。2月には「モーツァルトチロル」を発売。オーストリアの伝統的な菓子「マジパン」をチョコ内に注入することに挑戦し、新しく設備の投入を行った。
「今後もこの設備で新しい食感の製品を開発していくというテーマができました」  元々甘いものが好きな松嶋。高校時代は水球部で、練習後にチョコやグミなどをよく口にしていた。明治大学農学部卒業後、1999年に大阪の食品メーカーに就職。研究開発職で修業を積むも、32歳の時に「東京で仕事をしたい」という思いで同社へ転職した。
 試食が仕事ゆえ、多い時には1日20個ほどチョコを食べる時もある。そのため、夕食を減らしたり、休日はサイクリングやプールへ出かけたりと体調管理は欠かさない。目まぐるしい日々を送るが、「部下も帰りづらいと思うので」と、なるべく残業はしないよう心がけている。
 小1の長女に、「友達の間ではミルク味が1番人気」と言われ、顔をほころばせる一面も。
 得意なことは、食べた物の味を覚え、それを再現すること。  日々、アンテナを張り、色々な物を食べ、商品開発への糸口を探求している。 (文中敬称略)
編集部・小野ヒデコ 写真・門間新弥



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい