フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「ニッポンの課長」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「ニッポンの課長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤ハム
伸び伸び生きる場ひらく

伊藤ハム 食肉事業本部 海外食肉本部 戦略担当 担当課長 杉山美佳(52)

「伊藤ハム」というと加工食品が思い浮かぶが、実は食肉の売り上げがグループ全体の約65%を占める。中でも輸入食肉はグループ売り上げ全体のおよそ35%を占める大黒柱。その事業をスペシャリストとして支えているのが、杉山美佳だ。

 輸入ビーフ、輸入ポーク、貿易業務の三つの部署の成績管理を行うほか、海外駐在員のサポート、子会社であるニュージーランドの食肉会社アンズコフーズの事業管理も行う。
 写真は、アンズコフーズジャパンが運営するレストラン「ワカヌイ」で撮影した。「大自然のなかで伸び伸び育てたニュージーランド産ビーフやラムのおいしさは格別。この味をもっと広めていきたい」と語る。

 中央大学文学部卒業後、男女雇用機会均等法の第一世代として1987年に入社。以来輸入食肉に関わってきた。入社2年目にして早くも部署内で最年長の女性社員に。「当時は自分自身もここまで仕事を続けるとは思わなかった」と言う。そういう時代だったのだ。91年、牛肉の輸入自由化後は海外拠点が増え、業務の幅が広がった。ほどなくニュージーランドにアンズコフーズとの合弁でフィードロット(牛の穀物肥育場)を設立。日本側の窓口業務を担うようになった。

 仕事は面白かったが、それだけに見えない天井の存在も感じた。30代に入ったころだ。このままでいいのだろうか――。悩んだ末、会社を辞めるつもりで米国公認会計士の勉強を始めた。帰宅後、寝る間を惜しんで問題演習に励む日々。社内で女性活躍推進委員に命じられたのはそんなときだった。

「2年間、支援制度の整備などの改革に取り組み、私たちにも管理職の道が開けた。結果として会計士の道は諦めることになったけれど、そこで得た知識は今も業務に役立っています」

 柔らかな語り口。決して“バリバリ“というタイプではない。だが、海外業務で困ったら「まず杉山に相談」と言われるほど頼もしい存在だ。彼女をよく知る社員は言う。
「彼女は奥ゆかしいパイオニアなんです」

(文中敬称略)

ライター・安楽由紀子 写真・門間新弥

伊藤ハム
伸び伸び生きる場ひらく

伊藤ハム 食肉事業本部 海外食肉本部 戦略担当 担当課長 杉山美佳(52)
「伊藤ハム」というと加工食品が思い浮かぶが、実は食肉の売り上げがグループ全体の約65%を占める。中でも輸入食肉はグループ売り上げ全体のおよそ35%を占める大黒柱。その事業をスペシャリストとして支えているのが、杉山美佳だ。
 輸入ビーフ、輸入ポーク、貿易業務の三つの部署の成績管理を行うほか、海外駐在員のサポート、子会社であるニュージーランドの食肉会社アンズコフーズの事業管理も行う。
 写真は、アンズコフーズジャパンが運営するレストラン「ワカヌイ」で撮影した。「大自然のなかで伸び伸び育てたニュージーランド産ビーフやラムのおいしさは格別。この味をもっと広めていきたい」と語る。
 中央大学文学部卒業後、男女雇用機会均等法の第一世代として1987年に入社。以来輸入食肉に関わってきた。入社2年目にして早くも部署内で最年長の女性社員に。「当時は自分自身もここまで仕事を続けるとは思わなかった」と言う。そういう時代だったのだ。91年、牛肉の輸入自由化後は海外拠点が増え、業務の幅が広がった。ほどなくニュージーランドにアンズコフーズとの合弁でフィードロット(牛の穀物肥育場)を設立。日本側の窓口業務を担うようになった。
 仕事は面白かったが、それだけに見えない天井の存在も感じた。30代に入ったころだ。このままでいいのだろうか――。悩んだ末、会社を辞めるつもりで米国公認会計士の勉強を始めた。帰宅後、寝る間を惜しんで問題演習に励む日々。社内で女性活躍推進委員に命じられたのはそんなときだった。
「2年間、支援制度の整備などの改革に取り組み、私たちにも管理職の道が開けた。結果として会計士の道は諦めることになったけれど、そこで得た知識は今も業務に役立っています」
 柔らかな語り口。決して“バリバリ“というタイプではない。だが、海外業務で困ったら「まず杉山に相談」と言われるほど頼もしい存在だ。彼女をよく知る社員は言う。 「彼女は奥ゆかしいパイオニアなんです」
(文中敬称略)
ライター・安楽由紀子 写真・門間新弥



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい