フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「ニッポンの課長」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「ニッポンの課長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新日鉄住金
100人の一歩を大事に

新日鉄住金 君津製鉄所 製鋼部 第二製鋼工場 第二精錬課長 加藤大樹(33)

 1600℃以上に熱せられた300トンの溶けた鉄が、転炉と呼ばれる炉から運搬用の器へと移し替えられても、炉についた鉄はそのまま赤々と光を放っていた。そのまぶしさは太陽のようでもあり、火山口からマグマをのぞいているようでもある。現場はとにかく安全の確保が最優先。撮影のチャンスも、1時間ほど待機したのちに、わずか5分程度訪れただけだった。

 千葉にある新日鉄住金君津製鉄所は、東京ドーム約220個分の敷地を有し、年間900万トンに迫る粗鋼を生産する。加藤大樹の属す第二製鋼工場は主に、高炉から運ばれた溶けた鉄と鉄スクラップを転炉に装入し、そこに高圧の酸素を吹き込んで、不要な炭素分などを取り除く工程を担う。

「転炉はほぼ休みなく動き、1日で合計60杯以上は作ります」

 加藤は、東京大学大学院マテリアル工学専攻修士課程修了。日本の産業を支え、広く社会に関わっている「鉄」の仕事がしたいと、2007年に新日本製鉄(当時)へ入社。君津製鉄所の製鋼部製鋼技術グループへ配属された。最初に担当した仕事は、溶融した鋼を冷却して凝固させるプロセスの生産性向上。最適な冷却速度を計算し、試験を重ね、10%生産性を高めることに成功した。

 16年4月に現職の課長になった。117人いる部下の安全管理や労務管理を始め、品質やコストなどの管理・改善が仕事だ。まだ33歳、半分以上の部下が年上だが、話を聞きながら、一人一人のレベルアップを促すように心がける。ときにプライベートの悩みを相談されることもあるが、よりよい解決策を共に考える。

「チームで役割分担しながらモノづくりをしているので、一人でも機能しないと製品が正しく作れなくなるんです。みんなの向上意欲を大切にしたい。製造現場は、一人の100歩より、100人の一歩が大事ですから」

 半年前に生まれた息子がいる。いつか、この工場を見せてあげたいと思う。

(文中敬称略)

編集部・大川恵実 写真部・東川哲也

新日鉄住金
100人の一歩を大事に

新日鉄住金 君津製鉄所 製鋼部 第二製鋼工場 第二精錬課長 加藤大樹(33)
 1600℃以上に熱せられた300トンの溶けた鉄が、転炉と呼ばれる炉から運搬用の器へと移し替えられても、炉についた鉄はそのまま赤々と光を放っていた。そのまぶしさは太陽のようでもあり、火山口からマグマをのぞいているようでもある。現場はとにかく安全の確保が最優先。撮影のチャンスも、1時間ほど待機したのちに、わずか5分程度訪れただけだった。
 千葉にある新日鉄住金君津製鉄所は、東京ドーム約220個分の敷地を有し、年間900万トンに迫る粗鋼を生産する。加藤大樹の属す第二製鋼工場は主に、高炉から運ばれた溶けた鉄と鉄スクラップを転炉に装入し、そこに高圧の酸素を吹き込んで、不要な炭素分などを取り除く工程を担う。
「転炉はほぼ休みなく動き、1日で合計60杯以上は作ります」
 加藤は、東京大学大学院マテリアル工学専攻修士課程修了。日本の産業を支え、広く社会に関わっている「鉄」の仕事がしたいと、2007年に新日本製鉄(当時)へ入社。君津製鉄所の製鋼部製鋼技術グループへ配属された。最初に担当した仕事は、溶融した鋼を冷却して凝固させるプロセスの生産性向上。最適な冷却速度を計算し、試験を重ね、10%生産性を高めることに成功した。
 16年4月に現職の課長になった。117人いる部下の安全管理や労務管理を始め、品質やコストなどの管理・改善が仕事だ。まだ33歳、半分以上の部下が年上だが、話を聞きながら、一人一人のレベルアップを促すように心がける。ときにプライベートの悩みを相談されることもあるが、よりよい解決策を共に考える。
「チームで役割分担しながらモノづくりをしているので、一人でも機能しないと製品が正しく作れなくなるんです。みんなの向上意欲を大切にしたい。製造現場は、一人の100歩より、100人の一歩が大事ですから」
 半年前に生まれた息子がいる。いつか、この工場を見せてあげたいと思う。
(文中敬称略)
編集部・大川恵実 写真部・東川哲也



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい