フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「ニッポンの課長」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「ニッポンの課長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

はとバス
安全+αの運転を心がけ

はとバス 観光バス事業本部 運輸部 運転課 専門課長 角舘淳(48)

 もう15年以上も前のことになるだろうか。東北1泊2日の旅を担当したときのことだ。ある母と娘が、そのツアーに参加していた。母は足が悪く、娘がサポートしながら、ゆっくりとしか歩くことができない。

「ごめんなさい、遅くて」

 母はバスの乗り降りのときに、何度も謝ってくる。運転していた角舘淳=写真下=はそのつど、「いいんですよ」と恐縮しながら答えた。

 いくつかの観光地を巡り、ホテルに着いたとき、その母はこう言ってくれた。

「運転手さん、ありがとう。いつもは車酔いをするんだけど、今日はしませんでした」
 その言葉は今も、仕事をするうえでの指針になっている。

「お客さまに声をかけることや、安全な運転はドライバーができるサービスですが、それ以上に、乗り物酔いしないスムーズな運転が最大のサービスだと思うんです」

 お金を払っているお客さまに「ありがとう」と言ってもらえる、数少ない仕事の一つだとも思う。だからこそ、できる限りのサービスを心がける。

 高校卒業後、ガソリンスタンドでアルバイトをしながら、観光バスの運転手をめざして21歳で大型2種免許を取得。東京都町田市内を走る路線バスの運転手となり、経験を積み、23歳で、はとバスへと転職した。

 今は課長として、約160人のドライバーをまとめる立場。事故防止の徹底、事故があった場合の指導、新しいツアーでのルート確認や、ツアーが安全確実に実施できるかの検討をこなしつつ、時にハンドルを握っている。

「今は東京五輪の開催が楽しみですね。自分たちのホームグラウンドですから」

 1998年の長野五輪では、関連ツアーなどが数多く組まれ、それこそ目の回るような忙しさを経験した。東京もそうなるはずだ。ベテランドライバーならではの経験を生かしつつ、楽しみたいと考えている。

(文中敬称略)

編集部・大川恵実 写真部・東川哲也

はとバス
安全+αの運転を心がけ

はとバス 観光バス事業本部 運輸部 運転課 専門課長 角舘淳(48)
 もう15年以上も前のことになるだろうか。東北1泊2日の旅を担当したときのことだ。ある母と娘が、そのツアーに参加していた。母は足が悪く、娘がサポートしながら、ゆっくりとしか歩くことができない。
「ごめんなさい、遅くて」
 母はバスの乗り降りのときに、何度も謝ってくる。運転していた角舘淳=写真下=はそのつど、「いいんですよ」と恐縮しながら答えた。
 いくつかの観光地を巡り、ホテルに着いたとき、その母はこう言ってくれた。
「運転手さん、ありがとう。いつもは車酔いをするんだけど、今日はしませんでした」  その言葉は今も、仕事をするうえでの指針になっている。
「お客さまに声をかけることや、安全な運転はドライバーができるサービスですが、それ以上に、乗り物酔いしないスムーズな運転が最大のサービスだと思うんです」
 お金を払っているお客さまに「ありがとう」と言ってもらえる、数少ない仕事の一つだとも思う。だからこそ、できる限りのサービスを心がける。
 高校卒業後、ガソリンスタンドでアルバイトをしながら、観光バスの運転手をめざして21歳で大型2種免許を取得。東京都町田市内を走る路線バスの運転手となり、経験を積み、23歳で、はとバスへと転職した。
 今は課長として、約160人のドライバーをまとめる立場。事故防止の徹底、事故があった場合の指導、新しいツアーでのルート確認や、ツアーが安全確実に実施できるかの検討をこなしつつ、時にハンドルを握っている。
「今は東京五輪の開催が楽しみですね。自分たちのホームグラウンドですから」
 1998年の長野五輪では、関連ツアーなどが数多く組まれ、それこそ目の回るような忙しさを経験した。東京もそうなるはずだ。ベテランドライバーならではの経験を生かしつつ、楽しみたいと考えている。
(文中敬称略)
編集部・大川恵実 写真部・東川哲也



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい