フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「ニッポンの課長」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「ニッポンの課長」

このエントリーをはてなブックマークに追加


アデランス
「同じものでも表情変わる」

アデランス 東京営業部(フォンテーヌ担当) 販売課長 榎本真理(47)


 11人の女性が同じウィッグをつけ、同じヘアスタイルでズラッと並んでもらう──それがこの記事の最初の企画だった。ウィッグのセットが完了した姿を見て、驚いた。同じウィッグなのに、それぞれ違う雰囲気になっている! その理由を榎本真理=写真先頭=に、問うと、
「顔の形や雰囲気など、その人に似合うようにウィッグをカットしたり、スタイリングを変えたりしますので」
 使ってもらったフォンテーヌのウィッグはファッショナブルなデザインで、専門のスタッフが一人ひとりに合わせて調整することにこだわる。アデランスというと男性のかつらのイメージが強いが、いま顧客の半数以上が女性。髪のボリュームを出したり、おしゃれを楽しんだり、気軽に使われる。
 榎本は高校卒業後、電気機器メーカーを経て、1989年にフォンテーヌ(現・アデランス)に入社。多摩センター三越、東武百貨店池袋店、伊勢丹新宿店など、東京の店舗で23年間、ウィッグの販売を担当した。
「髪形が変わると、女性って変わるんです。それがおもしろかった」
 顧客のウィッグを調整する間は、コミュニケーションを大事にした。どんな人との会話にも困らないように、朝はニュースや情報番組のチェックに始まり、何紙かの新聞に必ず目を通し、月に5、6冊は雑誌を買った。
 2012年、販売のチーフからエリアマネージャーとなり、翌年に現職。現在は、3人のエリアリーダーをまとめながら、都内を中心に25店舗の売り上げや、店や販売員の改善点をチェックして回る。部下も販売員も女性ばかり。いかに信頼されるかが重要だ。
「どうしても悪いところが目についてしまうことがある。でも、必ずいいところを見つけそこを生かしつつ、アドバイスするようにしています」
 女性たちの奮闘こそが、ブランドを支えている。親子3世代にウィッグを使ってもらうことが榎本の夢だ。
(文中敬称略)

撮影:写真部・東川哲也 文:編集部・大川恵実

アデランス
「同じものでも表情変わる」

アデランス 東京営業部(フォンテーヌ担当) 販売課長 榎本真理(47)
 11人の女性が同じウィッグをつけ、同じヘアスタイルでズラッと並んでもらう──それがこの記事の最初の企画だった。ウィッグのセットが完了した姿を見て、驚いた。同じウィッグなのに、それぞれ違う雰囲気になっている! その理由を榎本真理=写真先頭=に、問うと、
「顔の形や雰囲気など、その人に似合うようにウィッグをカットしたり、スタイリングを変えたりしますので」
 使ってもらったフォンテーヌのウィッグはファッショナブルなデザインで、専門のスタッフが一人ひとりに合わせて調整することにこだわる。アデランスというと男性のかつらのイメージが強いが、いま顧客の半数以上が女性。髪のボリュームを出したり、おしゃれを楽しんだり、気軽に使われる。
 榎本は高校卒業後、電気機器メーカーを経て、1989年にフォンテーヌ(現・アデランス)に入社。多摩センター三越、東武百貨店池袋店、伊勢丹新宿店など、東京の店舗で23年間、ウィッグの販売を担当した。
「髪形が変わると、女性って変わるんです。それがおもしろかった」
 顧客のウィッグを調整する間は、コミュニケーションを大事にした。どんな人との会話にも困らないように、朝はニュースや情報番組のチェックに始まり、何紙かの新聞に必ず目を通し、月に5、6冊は雑誌を買った。
 2012年、販売のチーフからエリアマネージャーとなり、翌年に現職。現在は、3人のエリアリーダーをまとめながら、都内を中心に25店舗の売り上げや、店や販売員の改善点をチェックして回る。部下も販売員も女性ばかり。いかに信頼されるかが重要だ。
「どうしても悪いところが目についてしまうことがある。でも、必ずいいところを見つけそこを生かしつつ、アドバイスするようにしています」
 女性たちの奮闘こそが、ブランドを支えている。親子3世代にウィッグを使ってもらうことが榎本の夢だ。
(文中敬称略)
撮影:写真部・東川哲也 文:編集部・大川恵実



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい