コンクリートから“木”へ 木造新時代

  • 【6千本の角材を“地獄組み”に】 SunnyHills[東京都港区]
2013年12月にオープンした台湾のパイナップルケーキ専門店。建築家・隈研吾さんが設計を手がけた。木造3階建て。岐阜県産のヒノキの角材6千本を使用した「地獄組み」が建物全体を支えている(撮影/写真部・松永卓也)

    【6千本の角材を“地獄組み”に】 SunnyHills[東京都港区]
    2013年12月にオープンした台湾のパイナップルケーキ専門店。建築家・隈研吾さんが設計を手がけた。木造3階建て。岐阜県産のヒノキの角材6千本を使用した「地獄組み」が建物全体を支えている(撮影/写真部・松永卓也)

  • 外観は迫力があるが、店内は木漏れ日が降り注ぎ、森の中にいるようなやわらかい印象。「雨の日はヒノキのお風呂に入っているようないい香りがする」と店員もお気に入り(撮影/写真部・松永卓也)

    外観は迫力があるが、店内は木漏れ日が降り注ぎ、森の中にいるようなやわらかい印象。「雨の日はヒノキのお風呂に入っているようないい香りがする」と店員もお気に入り(撮影/写真部・松永卓也)

  • 【日本初!“FRウッド”を使用】 オトノハカフェ[東京都文京区]
一軒家のよう。隣は講談社野間記念館で、緑豊かな環境に溶け込んでいる。
2013年5月オープン。鹿島が開発した耐火集成材“FRウッド”を柱と梁に使っている。集成材は、中心部の周囲に、難燃薬剤を注入した“燃え止まり”層がある。火災が起きても、構造を支える内部まで燃焼が進まない。設計を担当した音羽建物の塚本平一郎さんは「木造のネックはコスト。補助金の適用があったので実現した」と話す(撮影/門間新弥)

    【日本初!“FRウッド”を使用】 オトノハカフェ[東京都文京区]
    一軒家のよう。隣は講談社野間記念館で、緑豊かな環境に溶け込んでいる。
    2013年5月オープン。鹿島が開発した耐火集成材“FRウッド”を柱と梁に使っている。集成材は、中心部の周囲に、難燃薬剤を注入した“燃え止まり”層がある。火災が起きても、構造を支える内部まで燃焼が進まない。設計を担当した音羽建物の塚本平一郎さんは「木造のネックはコスト。補助金の適用があったので実現した」と話す(撮影/門間新弥)

  • FRウッド。断面は26×29センチ。中心部周囲に難燃薬剤が注入されている(撮影/門間新弥)

    FRウッド。断面は26×29センチ。中心部周囲に難燃薬剤が注入されている(撮影/門間新弥)

  • 中央の柱と梁が“FRウッド。ルーバーはスギ。壁は強化石膏ボードを貼っている(撮影/門間新弥)

    中央の柱と梁が“FRウッド。ルーバーはスギ。壁は強化石膏ボードを貼っている(撮影/門間新弥)

  • 【街にそびえる“燃エンウッド”】 大阪木材仲買会館[大阪市西区]
「木造は日本の文化。ここを木材建築の発信地にしたい」と大阪木材仲買協同組合理事長の雪本政通さんが話すとおり、2013年の竣工以来、4千人以上が見学に来た。3階建ての建物は、竹中工務店が開発した耐火集成材“燃エンウッド”と鉄筋コンクリートの混合構造。“燃エンウッド”の中心部の周囲にはモルタルが入っている。1階と住宅に接する側はRC造。入り口には桜があり、春は花見客も(撮影/門間新弥)

    【街にそびえる“燃エンウッド”】 大阪木材仲買会館[大阪市西区]
    「木造は日本の文化。ここを木材建築の発信地にしたい」と大阪木材仲買協同組合理事長の雪本政通さんが話すとおり、2013年の竣工以来、4千人以上が見学に来た。3階建ての建物は、竹中工務店が開発した耐火集成材“燃エンウッド”と鉄筋コンクリートの混合構造。“燃エンウッド”の中心部の周囲にはモルタルが入っている。1階と住宅に接する側はRC造。入り口には桜があり、春は花見客も(撮影/門間新弥)

  • バルコニーは雨よけだけでなく、災害時の避難経路にもなっている(撮影/門間新弥)

    バルコニーは雨よけだけでなく、災害時の避難経路にもなっている(撮影/門間新弥)

  • 木をふんだんに使ったエントランス。梁と柱が燃エンウッドだ(撮影/門間新弥)

    木をふんだんに使ったエントランス。梁と柱が燃エンウッドだ(撮影/門間新弥)

  • モルタルの燃え止まり層は25ミリ。カラマツの燃えしろ層は60ミリほど(撮影/門間新弥)

    モルタルの燃え止まり層は25ミリ。カラマツの燃えしろ層は60ミリほど(撮影/門間新弥)

  • 【天竜スギ256本が巨大天井を支える】 草薙総合運動場新体育館[静岡市駿河区]
木の柱が屋根を支えているのがよくわかる。完成時には外壁からは木が見えなくなる。
耐震強度が通常の1、5倍求められる静岡で、木材を多用した体育館の工事が進行中だ。2500トンの鉄骨の上屋根を支えるのは、県西部で採った天竜スギの集成材、256本。完成時には天井のスギのルーバーと、構造を支える長さ14、5メートルの柱がそのまま現しになり、まさに“木の体育館”といった様相になる。来年春竣工予定(写真:鹿島建設株式会社提供)

    【天竜スギ256本が巨大天井を支える】 草薙総合運動場新体育館[静岡市駿河区]
    木の柱が屋根を支えているのがよくわかる。完成時には外壁からは木が見えなくなる。
    耐震強度が通常の1、5倍求められる静岡で、木材を多用した体育館の工事が進行中だ。2500トンの鉄骨の上屋根を支えるのは、県西部で採った天竜スギの集成材、256本。完成時には天井のスギのルーバーと、構造を支える長さ14、5メートルの柱がそのまま現しになり、まさに“木の体育館”といった様相になる。来年春竣工予定(写真:鹿島建設株式会社提供)

  • 下屋根の木の柱は、一本ずつ曲がっている角度が違うので作業は困難を伴う(撮影/写真部・松永卓也)

    下屋根の木の柱は、一本ずつ曲がっている角度が違うので作業は困難を伴う(撮影/写真部・松永卓也)

  • 「マグロで言うと、、大トロ中の大トロ」級の高強度の集成材を使っているという(撮影/写真部・松永卓也)

    「マグロで言うと、、大トロ中の大トロ」級の高強度の集成材を使っているという(撮影/写真部・松永卓也)

  • 「進む木材利用」
構造が全て木造でなくても、木造とRC造の混合構造や、内装や仕上げに木を多用した建築はたくさんある。いま日本は“コンクリートむき出し”の時代から“木材むき出し”の時代に入りつつあるのかも
【国際教養大学】[秋田市]
24時間365日開館の図書館は、木とコンクリートの混合構造。「本のコロセウム」をテーマにしており、建物全体が半円を描いている。地元の秋田スギを多く使い、伝統技術を生かして、和傘のような“傘型屋根”を造っている(写真:国際教養大学提供)

    「進む木材利用」
    構造が全て木造でなくても、木造とRC造の混合構造や、内装や仕上げに木を多用した建築はたくさんある。いま日本は“コンクリートむき出し”の時代から“木材むき出し”の時代に入りつつあるのかも 【国際教養大学】[秋田市]
    24時間365日開館の図書館は、木とコンクリートの混合構造。「本のコロセウム」をテーマにしており、建物全体が半円を描いている。地元の秋田スギを多く使い、伝統技術を生かして、和傘のような“傘型屋根”を造っている(写真:国際教養大学提供)

  • 【竹中大工道具館(1)】[神戸市中央区]
新神戸駅から徒歩3分。地下2階、地上1階で、日本庭園の中にある邸宅のような佇まい。「木の良さや、日本の伝統技術を見せたい」と、あらゆるところに国産材や伝統技術を使っている。10月4日に新館がオープンする(撮影/門間新弥)

    【竹中大工道具館(1)】[神戸市中央区]
    新神戸駅から徒歩3分。地下2階、地上1階で、日本庭園の中にある邸宅のような佇まい。「木の良さや、日本の伝統技術を見せたい」と、あらゆるところに国産材や伝統技術を使っている。10月4日に新館がオープンする(撮影/門間新弥)

  • 【竹中大工道具館(2)】[神戸市中央区]
(撮影/門間新弥)

    【竹中大工道具館(2)】[神戸市中央区]
    (撮影/門間新弥)

  • 【竹中大工道具館(3)】[神戸市中央区]
(撮影/門間新弥)

    【竹中大工道具館(3)】[神戸市中央区]
    (撮影/門間新弥)

  • 関連記事

    • コンクリートじゃなく「ウッドジャングル」“燃えない木”開発で木造建築増える

      コンクリートじゃなく「ウッドジャングル」“燃えない木”開発で木造建築増える

    • 建築家・隈研吾の世界

      建築家・隈研吾の世界

    • 建築家・隈研吾と選ぶ「新・東京八景」

      建築家・隈研吾と選ぶ「新・東京八景」

    写真の記事を読む
【6千本の角材を“地獄組み”に】 SunnyHills[東京都港区]
2013年12月にオープンした台湾のパイナップルケーキ専門店。建築家・隈研吾さんが設計を手がけた。木造3階建て。岐阜県産のヒノキの角材6千本を使用した「地獄組み」が建物全体を支えている(撮影/写真部・松永卓也)
外観は迫力があるが、店内は木漏れ日が降り注ぎ、森の中にいるようなやわらかい印象。「雨の日はヒノキのお風呂に入っているようないい香りがする」と店員もお気に入り(撮影/写真部・松永卓也)
【日本初!“FRウッド”を使用】 オトノハカフェ[東京都文京区]
一軒家のよう。隣は講談社野間記念館で、緑豊かな環境に溶け込んでいる。
2013年5月オープン。鹿島が開発した耐火集成材“FRウッド”を柱と梁に使っている。集成材は、中心部の周囲に、難燃薬剤を注入した“燃え止まり”層がある。火災が起きても、構造を支える内部まで燃焼が進まない。設計を担当した音羽建物の塚本平一郎さんは「木造のネックはコスト。補助金の適用があったので実現した」と話す(撮影/門間新弥)
FRウッド。断面は26×29センチ。中心部周囲に難燃薬剤が注入されている(撮影/門間新弥)
中央の柱と梁が“FRウッド。ルーバーはスギ。壁は強化石膏ボードを貼っている(撮影/門間新弥)
【街にそびえる“燃エンウッド”】 大阪木材仲買会館[大阪市西区]
「木造は日本の文化。ここを木材建築の発信地にしたい」と大阪木材仲買協同組合理事長の雪本政通さんが話すとおり、2013年の竣工以来、4千人以上が見学に来た。3階建ての建物は、竹中工務店が開発した耐火集成材“燃エンウッド”と鉄筋コンクリートの混合構造。“燃エンウッド”の中心部の周囲にはモルタルが入っている。1階と住宅に接する側はRC造。入り口には桜があり、春は花見客も(撮影/門間新弥)
バルコニーは雨よけだけでなく、災害時の避難経路にもなっている(撮影/門間新弥)
木をふんだんに使ったエントランス。梁と柱が燃エンウッドだ(撮影/門間新弥)
モルタルの燃え止まり層は25ミリ。カラマツの燃えしろ層は60ミリほど(撮影/門間新弥)
【天竜スギ256本が巨大天井を支える】 草薙総合運動場新体育館[静岡市駿河区]
木の柱が屋根を支えているのがよくわかる。完成時には外壁からは木が見えなくなる。
耐震強度が通常の1、5倍求められる静岡で、木材を多用した体育館の工事が進行中だ。2500トンの鉄骨の上屋根を支えるのは、県西部で採った天竜スギの集成材、256本。完成時には天井のスギのルーバーと、構造を支える長さ14、5メートルの柱がそのまま現しになり、まさに“木の体育館”といった様相になる。来年春竣工予定(写真:鹿島建設株式会社提供)
下屋根の木の柱は、一本ずつ曲がっている角度が違うので作業は困難を伴う(撮影/写真部・松永卓也)
「マグロで言うと、、大トロ中の大トロ」級の高強度の集成材を使っているという(撮影/写真部・松永卓也)
「進む木材利用」
構造が全て木造でなくても、木造とRC造の混合構造や、内装や仕上げに木を多用した建築はたくさんある。いま日本は“コンクリートむき出し”の時代から“木材むき出し”の時代に入りつつあるのかも
【国際教養大学】[秋田市]
24時間365日開館の図書館は、木とコンクリートの混合構造。「本のコロセウム」をテーマにしており、建物全体が半円を描いている。地元の秋田スギを多く使い、伝統技術を生かして、和傘のような“傘型屋根”を造っている(写真:国際教養大学提供)
【竹中大工道具館(1)】[神戸市中央区]
新神戸駅から徒歩3分。地下2階、地上1階で、日本庭園の中にある邸宅のような佇まい。「木の良さや、日本の伝統技術を見せたい」と、あらゆるところに国産材や伝統技術を使っている。10月4日に新館がオープンする(撮影/門間新弥)
【竹中大工道具館(2)】[神戸市中央区]
(撮影/門間新弥)
【竹中大工道具館(3)】[神戸市中央区]
(撮影/門間新弥)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • “新国立競技場”の建築家・隈研吾「オリンピックと“復興”はパラレルな存在」

    “新国立競技場”の建築家・隈研吾「オリンピックと“復興”はパラレルな存在」

    週刊朝日

    2/16

    坂本龍一、コンプリートアートボックス『2020S』連載VOL.4を公開

    坂本龍一、コンプリートアートボックス『2020S』連載VOL.4を公開

    Billboard JAPAN

    1/29

  • 建築家・隈研吾さんが語る震災対策 「シェアハウスを建て ご近所力を向上」

    建築家・隈研吾さんが語る震災対策 「シェアハウスを建て ご近所力を向上」

    AERA

    3/12

    新国立競技場デザインの隈研吾が最後にきっちりデザインしたいものとは?

    新国立競技場デザインの隈研吾が最後にきっちりデザインしたいものとは?

    dot.

    5/2

  • 今、時代は団体戦! ハリウッドを席巻するヒーローチーム映画たち

    今、時代は団体戦! ハリウッドを席巻するヒーローチーム映画たち

    Billboard JAPAN

    5/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す