手すき和紙 1300年の継承|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手すき和紙 1300年の継承

このエントリーをはてなブックマークに追加

和紙の手すき技術がユネスコの無形文化遺産に登録される見通しだ。

2009年に登録された「石州半紙(せきしゅうばんし)」に「本美濃紙(ほんみのし)」と「細川紙(ほそかわし)」が加わる。世界に誇る日本の伝統技術の「守り人」を美濃の郷に訪ねた

 

【関連記事】

本美濃紙、無形文化遺産登録へ 今はたった8人 伝統受け継ぐ美濃の紙すき職人





撮影・門間新弥

週刊朝日 2014年12月5日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい