フォトギャラリー - 写真・図版 | 阪神・淡路大震災から20年 被災地の地場産業|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神・淡路大震災から20年 被災地の地場産業

このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人居留地やゴム産業が神戸を履物の街に
外国人居留地があり、早くから靴の需要があった神戸。大正時代中期、神戸にゴム履物工業が興り、戦後に塩化ビニール素材を用いたケミカルシューズが誕生した。高度成長期に輸出産業として発展するが、オイルショック等で輸出が激減し、内需に転換。阪神・淡路大震災で多くの企業が被災した上に、安価な輸入製品が追い打ちをかけた(撮影/熊谷武二)

外国人居留地やゴム産業が神戸を履物の街に
外国人居留地があり、早くから靴の需要があった神戸。大正時代中期、神戸にゴム履物工業が興り、戦後に塩化ビニール素材を用いたケミカルシューズが誕生した。高度成長期に輸出産業として発展するが、オイルショック等で輸出が激減し、内需に転換。阪神・淡路大震災で多くの企業が被災した上に、安価な輸入製品が追い打ちをかけた(撮影/熊谷武二)



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

html":$uri}@@@
あわせて読みたい あわせて読みたい