フォトギャラリー - 写真・図版 | 阪神・淡路大震災から20年 被災地の地場産業|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神・淡路大震災から20年 被災地の地場産業

このエントリーをはてなブックマークに追加

震災報道で瓦が悪者に “カワラマン”山田さんが奮闘
良質の粘土層に恵まれ、瓦の一大産地となった淡路島。阪神・淡路大震災の家屋倒壊は、報道により瓦の重みだけが原因であるかのような印象が広まり、業界に深刻な影響を与えた。写真家として活躍していた山田さんは1982年に淡路島に移住し、時給700円の見習職人からスタート。「ダルマ窯」を再窯し、伝統的な瓦の良さを伝える(撮影/熊谷武二)

震災報道で瓦が悪者に “カワラマン”山田さんが奮闘
良質の粘土層に恵まれ、瓦の一大産地となった淡路島。阪神・淡路大震災の家屋倒壊は、報道により瓦の重みだけが原因であるかのような印象が広まり、業界に深刻な影響を与えた。写真家として活躍していた山田さんは1982年に淡路島に移住し、時給700円の見習職人からスタート。「ダルマ窯」を再窯し、伝統的な瓦の良さを伝える(撮影/熊谷武二)



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

html":$uri}@@@
あわせて読みたい あわせて読みたい