阪神・淡路大震災から20年 被災地の地場産業|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神・淡路大震災から20年 被災地の地場産業

このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年1月17日午前5時46分、未曾有の揺れが多くのものを奪い去っていった。

この地で発展した地場産業も、大打撃を受けた。

あれから20年、ものづくりへの想いは今も息づいている。

 

【関連記事】

「今も厳しい状況」 阪神・淡路大震災の傷跡

阪神・淡路大震災20年 空から見た被災地の今

【関連フォトギャラリー】

元に戻ったもの、戻らないもの 空から見る阪神・淡路大震災20年

 

撮影・熊谷武二/写真提供・株式会社エレーヌ

週刊朝日 2015年1月23日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい