震災から4年、福島の今 線量計のある日常|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

震災から4年、福島の今 線量計のある日常

原発事故後、福島県内の至る所でこの白い円柱形の物体が目につくようになった。空間線量を測る線量計(モニタリングポスト)だ。原子力規制委員会によると県内に3661台ある(2015年3月時点)。

同県内のコンビニエンスストアの店舗数、775(日本フランチャイズチェーン協会の統計、14年8月時点)の5倍近い。

「設置場所は住民の要望を聞いて決めている。最近は解除に備えて避難指示区域での設置要望が多い」(福島県災害対策本部)

 

【関連記事】

コンビニの5倍の数が! 福島は至る所に線量計…

 

撮影/写真部・馬場岳人

週刊朝日 2015年4月3日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい