高野山1200年

  • 毎朝6時と10時半に、維那(ゆいな)と呼ばれる先導の僧侶と長持ちを担いだ僧侶たちが、御廟で禅定をしているとされる弘法大師に食事を届けている。手前にある御廟橋から先は高野山の聖域。橋の前で一礼してから渡る

    毎朝6時と10時半に、維那(ゆいな)と呼ばれる先導の僧侶と長持ちを担いだ僧侶たちが、御廟で禅定をしているとされる弘法大師に食事を届けている。手前にある御廟橋から先は高野山の聖域。橋の前で一礼してから渡る

  •  金堂で行われた、総本山金剛峯寺の座主などを供養する大法会。本尊の周りを高僧たちがお経を唱えながら歩く。法会は2時間以上続いた

    金堂で行われた、総本山金剛峯寺の座主などを供養する大法会。本尊の周りを高僧たちがお経を唱えながら歩く。法会は2時間以上続いた

  • 高野山の奥之院には鳥居のある墓所が多く見られる。明治の神仏分離令でも高野山は、その令を免れた

    高野山の奥之院には鳥居のある墓所が多く見られる。明治の神仏分離令でも高野山は、その令を免れた

  • 僧侶たちが壇上伽藍を「お練り」して、法会が執り行われる金堂に向かう。目の前を行く僧侶たちを参詣者は合掌で出迎える

    僧侶たちが壇上伽藍を「お練り」して、法会が執り行われる金堂に向かう。目の前を行く僧侶たちを参詣者は合掌で出迎える

  • 高野山開創以来、一度もご開帳されたことがない本尊薬師如来(阿しゅく如来)が初めて公開。現在の本尊は仏師高村光雲の手によるもの

    高野山開創以来、一度もご開帳されたことがない本尊薬師如来(阿しゅく如来)が初めて公開。現在の本尊は仏師高村光雲の手によるもの

  • 開創を記念して建てられた塔婆。この綱は「善の綱」と呼ばれ、ご開帳されている弘法大師坐像の手に結ばれている。触れると縁が結ばれる

    開創を記念して建てられた塔婆。この綱は「善の綱」と呼ばれ、ご開帳されている弘法大師坐像の手に結ばれている。触れると縁が結ばれる

  • 1200年目の特別な日々は、5月21日まで続く

    1200年目の特別な日々は、5月21日まで続く

  • 関連記事

    • 「高野山」開創1200年 弘法大師坐像も16年ぶり公開

      「高野山」開創1200年 弘法大師坐像も16年ぶり公開

    • 日本で最初の密教寺院、東寺で行われる初弘法とは!?

      日本で最初の密教寺院、東寺で行われる初弘法とは!?

    • ヤクルトの形の供養塔? 開創1200年「高野山」の意外な魅力

      ヤクルトの形の供養塔? 開創1200年「高野山」の意外な魅力

    記事本文に戻る
毎朝6時と10時半に、維那(ゆいな)と呼ばれる先導の僧侶と長持ちを担いだ僧侶たちが、御廟で禅定をしているとされる弘法大師に食事を届けている。手前にある御廟橋から先は高野山の聖域。橋の前で一礼してから渡る
 金堂で行われた、総本山金剛峯寺の座主などを供養する大法会。本尊の周りを高僧たちがお経を唱えながら歩く。法会は2時間以上続いた
高野山の奥之院には鳥居のある墓所が多く見られる。明治の神仏分離令でも高野山は、その令を免れた
僧侶たちが壇上伽藍を「お練り」して、法会が執り行われる金堂に向かう。目の前を行く僧侶たちを参詣者は合掌で出迎える
高野山開創以来、一度もご開帳されたことがない本尊薬師如来(阿しゅく如来)が初めて公開。現在の本尊は仏師高村光雲の手によるもの
開創を記念して建てられた塔婆。この綱は「善の綱」と呼ばれ、ご開帳されている弘法大師坐像の手に結ばれている。触れると縁が結ばれる
1200年目の特別な日々は、5月21日まで続く
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 金剛峰寺で修業体験 ボリューム満点の精進料理

    金剛峰寺で修業体験 ボリューム満点の精進料理

    AERA

    11/1

    【ニッポンの課長】高野山真言宗・総本山金剛峯寺「らしくてクールな僧侶」

    【ニッポンの課長】高野山真言宗・総本山金剛峯寺「らしくてクールな僧侶」

    AERA

    10/31

  • 真言宗開祖の「空海」 その俗名はキラキラネームだった!?

    真言宗開祖の「空海」 その俗名はキラキラネームだった!?

    dot.

    9/26

    12月21日は「納めの大師」。今年最後の縁日に出かけてみませんか?

    12月21日は「納めの大師」。今年最後の縁日に出かけてみませんか?

    tenki.jp

    12/21

  • お坊さんに萌え~? 気になる“坊コン”の実態

    お坊さんに萌え~? 気になる“坊コン”の実態

    週刊朝日

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す