AERA dot.

ミョウガは日当たりのよい場所では栽培できないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

ミョウガ。

ミョウガ。

日陰での栽培が基本とされるミョウガ。日当たりのよい場所では育てることはできないのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんに聞きました。

* * *

ミョウガは直射日光と乾燥が苦手な野菜です。日当たりのよい場所で育てられないことはありませんが、株元にワラを敷いて土の乾燥を防ぐ、遮光ネットをかけて日陰を作るなどの工夫が必要です。梅雨が明けてからは水やりも必要です。ミョウガ以外の大半の野菜は日当たりを好みますから、日陰の場所があるならミョウガをそちらに植えて、日当たりのよい一等地はほかの野菜に譲るほうがおすすめですよ。
■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年5月号より

トップにもどる NHKテキストビュー記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加