平昌五輪特集

AERA dot.

「オメガ○脂肪酸」って何? 植物オイルの世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK出版#食

撮影:原ヒデトシ

撮影:原ヒデトシ

近年、注目を集めている植物オイル。アルガンオイル、アボカドオイルなど目新しいオイルも見かけるようになり、「オメガ3」「オメガ6」といった耳慣れない言葉も聞かれます。体や美容によい“ ウェルネスオイル”を多数扱う 「VOM FASS(フォムファス)」の木村亮子さんに、植物オイルの実態についてうかがいました。

* * *

脂肪酸とは、油脂に含まれる構成成分のこと。一口に植物オイルといっても、構成する脂肪酸の種類、割合はそれぞれで、これが一つ一つのオイルの栄養に関係しています。
脂肪酸は、常温で固形になる「飽和脂肪酸(牛、豚などの動物性油脂に多い)」と、液体になる「不飽和脂肪酸(植物オイル、魚油に多い)」の二つに分類されます。不飽和脂肪酸をさらに分類すると、分子の結合タイプによって「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」「オメガ9脂肪酸」に分かれます。
■代表的なオメガ3脂肪酸:α-リノレン酸(えごま油、フラックスシードオイル、キャノーラ油などに多い)
■代表的なオメガ6脂肪酸:リノール酸(大豆油、コーン油などに多い)
■代表的なオメガ9脂肪酸:オレイン酸(オリーブ油、アボカドオイルなどに多い)
体への働きもそれぞれに異なるオメガ3、6、9脂肪酸。中でもオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は、体内でつくり出すことができず、必ず食物からとらなければならない“必須脂肪酸”です。
近年、特に話題となっているのがオメガ3脂肪酸。青魚に豊富に含まれる脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)も、オメガ3に分類されます。これらには、心疾患のリスクを下げる効果があるといわれていますが、現代の日本人の食生活では不足しがち。今、えごま油やフラックスシードオイルが注目されているのは、これらに含まれるα-リノレン酸から、人間の体内でDHA、EPAが生成されるからなのです。
もちろん、栄養面の多様性だけでなく、味や香りの個性も植物オイルの魅力。持ち味を楽しみたければ、未精製のオイル(オリーブ油であればエクストラバージン)がおすすめです。脂肪酸に着目しつつ、好みのオイルとの出合いや、食材、調理法との意外な相性もぜひ楽しんでみてください。
■『NHKきょうの料理 ビギナーズ』2014年4月号より


トップにもどる NHKテキストビュー記事一覧


続きを読む


   をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加