AERA dot.

林漢傑七段の趣味のじかん

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK出版

イラスト:丸山誠司

イラスト:丸山誠司

NHK 囲碁講座 2013年 12月号

NHK出版
定価:530円(税込)

B00G2FBW1I

amazonamazon.co.jp

お人柄そのままの上品で優しく気さくな語り口。NHK杯解説でも人気急上昇中の林漢傑(りん・かんけつ)七段は、女性大会の「審判長になってほしい棋士ナンバー1」かもしれない。スポーツ万能なことは棋士仲間でも有名だ。

* * *

バドミントン、テニス、フットサル、野球…、いろいろやってます。スポーツは決して得意というわけではなくて、好きなんです。
5年前からはジョギングを始めました。それまで、短距離走は速いのですが長距離は大の苦手だったので、ずっと避けてきたんですね。でも5年前、誘われて断りきれずに10キロの立川マラソンに参加しました。もちろんボロボロだったわけですが、それ以上にショックなことがあったんです。
そのマラソンで一緒に走った中に、佳奈ちゃん(万波佳奈四段)がいました。佳奈ちゃんといえばテニスで打ったボールが自分の頭に落ちてくるような、運動音痴で有名な人なんですね(笑)。だから、まあ佳奈ちゃんには勝つだろうと思っていたのですが、結果は僕のほうが2分ぐらい遅かった。それが本当に悔しくて。あとは、大事な手合いで負けて、自分の中の何かを変えなきゃという思いもあって、朝早く起きて走ることにしたんです。
でもジョギングを始めた理由のほとんどは、やはり、佳奈ちゃんに負けたことです(笑)。それからは、手合い前には必ず走るようにしています。4キロか5キロぐらい。家から川沿いに近くの公園まで、コースはだいたい決まっています。走ったあとは、脳の中にいい物質が分泌されるのでしょうね、勉強に集中できます。
立川マラソンにはその後2回参加しました。初めてのときの記録が1時間11分。2回目は50分でした。おかげさまで苦手意識はなくなりました。(談)
■『NHK 囲碁講座』2013年12月号より


トップにもどる NHKテキストビュー記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加