人口5万人の街でもバイオマス発電が“上手くいく”理由 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人口5万人の街でもバイオマス発電が“上手くいく”理由

dot.
2011年に開庁した真庭市役所本庁舎は地元の木材をファサードに採用している。

2011年に開庁した真庭市役所本庁舎は地元の木材をファサードに採用している。

真庭市役所では「バイオマスボイラ」を用いた空調も導入。奥で説明するのは市の担当者

真庭市役所では「バイオマスボイラ」を用いた空調も導入。奥で説明するのは市の担当者

市役所には電気自動車用の充電器も設置。電気の一部は庁舎内の太陽光パネルから供給している

市役所には電気自動車用の充電器も設置。電気の一部は庁舎内の太陽光パネルから供給している

発電設備を有する銘建工業と、説明を受けるツアー参加者

発電設備を有する銘建工業と、説明を受けるツアー参加者

発電設備の中でも象徴的な、銘建工業社内にあるサイロ。かんなくずをここに貯蔵し、ボイラーに送る

発電設備の中でも象徴的な、銘建工業社内にあるサイロ。かんなくずをここに貯蔵し、ボイラーに送る

発電設備のそばに設けられた制御室

発電設備のそばに設けられた制御室


●あくまでも「林業発展のためのバイオマス」

 前述のとおり、来春には官民共同出資の新たなバイオマス発電所が、真庭産業団地内で稼働する。こちらは、41億円の事業費を投じ、発電能力は1万kwと銘建工業社内の発電設備より大規模なものとなる予定だ。法律により発電所からの直接小売りができないため、今のところ電力会社へのみ売電する予定だが、一般家庭に供給した場合は2万2000世帯分に相当する発電量だという。 

 このような大規模な発電が行われるようになると、燃料の安定供給が可能であるかが懸念されるところ。そこで09年、新発電所と同じ真庭産業団地内に設立されたのが「真庭バイオマス集積基地」だ。 

 集積基地では、市内の素材生産業者や山主などが持ち込んだ廃材・樹皮などを買い取り、それらを破砕し、バーク(木の皮)は銘建工業本社工場へ、チップは製紙会社などへ販売している。今後、隣接するバイオマス発電所が稼働開始した際は、燃料供給を行っていく予定だ。 

 真庭市では現在も林業に従事する若手育成に取り組んでいるが、将来的にバイオマス発電で得られた利益を、山へ還元していくことが構想されている。廃材・未利用材を集積基地が有償で引き受け、基地が燃料をつくり発電所へ販売。そして、電気がつくられ、最終的に山林の保全・発展へつながるといった循環こそ、真庭市の目指しているところだという。ツアーを行う市や観光連盟の担当者も、あくまで「林業発展のためにバイオマス発電を行っている」点を繰り返していたことが印象的だった。 


トップにもどる 国内記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい