小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」

 母を名前を持った一人の人間として眺めるようになり、やっとわかりました。彼女は幸せになろうとベストを尽くしたけれど、そのやり方が互いを苦しめる形だった。もっと早く距離を置けばよかったけれど、私も「家族を突き放してはいけない」という強烈な呪縛に囚われていた。罪悪感を抱えたくないから「なぜわかってくれないの」「親子なんだから察してよ!」とぶつかっていました。

「いい人だけどちょっと面倒」な相手は2~3カ月に一度会うのがちょうどいい。親も距離を置いていい。それは、互いが解放されて自由になることです。

 母への感謝もたくさんあります。私が死にたくなるほど追いつめられても自殺しなかったのは「人生に期待しなさい」と母が言い続けたからです。

 今年の春、10年ぶりに世間話をしました。別れ際、「今日は楽しかったよね?」と聞かれた。変わったなと驚きました。今、母への怒りはありません。

 母は私の発言に傷ついているかもしれないけど、こうして親子関係を明かすのは、他にもある話だと思うからです。同じように悩む人に参考にしてほしい。でもきっと、両親の棺の蓋を閉じるときには切なさや、やり切れなさを引き受けるのだと思います。

週刊朝日  2013年12月13日号


トップにもどる 国内記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい