「性欲」って何ですか?―性犯罪をなくすために考えてほしいこと (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「性欲」って何ですか?―性犯罪をなくすために考えてほしいこと

刑事司法とジェンダー

牧野雅子著

978-4755402326

amazonamazon.co.jp

 性犯罪被害は、世界で社会問題となっている。なぜ、性犯罪が起きてしまうのか。被害をなくすために、できることとは? コラムニストの北原みのり氏が、連載「ニッポンスッポンポン」で考察する。

*  *  *
 元警察官で、今は京都大学でジェンダー研究をされている牧野雅子さんが書かれた『刑事司法とジェンダー』という本が、めっちゃくちゃ面白い。

 本書のきっかけは、警察学校時代に同期だった男性警察官が連続レイプ事件を起こしたこと。牧野さんは、裁判を傍聴し、加害者と面談や文通を重ねてきた。

 司法の世界では、というか世間では、レイプ犯は異常性欲の持ち主だと考えられている。裁判でも、加害者は性欲に突き動かされた、という物語が作られるのが常だ。

 が、実際には、レイプ犯は用意周到に女性を調べ上げていた。またレイプ犯はゴムを着けないと考える人は多いが、体液を残さないためゴムを使う男は少なくない。またその警察官は、「レイプする」と決めたことを「男らしく完遂する!」という強い意志でレイプを実行していた。さらに犯行時に勃起しない男性は少なくない。勃起させるためフェラチオを強要するケースも多々あるのだ。

 ……という話を私がすると、男性には非常にウケが悪い。「オレがやったわけじゃないし」というのが男性一般の感覚なのだろう。


トップにもどる 国内記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい