AERA dot.

嫌韓は2002年日韓W杯がきっかけだった!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
手前から時計回りで、安田浩一氏、木村元彦氏、清義明氏(撮影/写真部・大嶋千尋)

手前から時計回りで、安田浩一氏、木村元彦氏、清義明氏(撮影/写真部・大嶋千尋)

 ネットを中心に見られる韓国や中国への差別的な憎悪は、2002年の日韓W杯共催が大きなきっかけになっていたという。「サッカー」と「愛国」はどうして結びついていったのか。この問題について、ジャーナリストの木村元彦氏、安田浩一氏、ライターの清義明氏が語った。

*  *  *
安田:僕は、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)など在日外国人に差別的な言動を続けるネット右翼の取材をはじめて、サッカーとナショナリズムが結びついていることに気づきました。取材した半分以上の人が「日韓W杯をきっかけに韓国が嫌いになった」と答えたんですね。それを聞いて非常にびっくりした。僕自身も日本―ロシア戦を見に行ってるんだけど、単純に自国を応援するという枠組みで見ていて、ナショナリズムの高揚ということは思わなかったんです。そこまで人を“嫌韓”に促した2002年の日韓W杯というのは、具体的に何が問題だったんでしょう?

木村:まずは単独開催を狙っていた日本が、後から共同開催に持ち込まれることで、「してやられた感」があったのがベースになっています。それに加えて、韓国代表のゲームで明らかに韓国有利な判定が続いた。さらには、マスメディアが判定に疑問を投げかけるような報道をしなかったこともあって、ネットを中心に韓国への反感が鬱屈(うっくつ)した感情を晴らすとともに支持を集めるわけです。

安田:ちょうどあのことからメディアに懐疑的な人たちの間で「ネットで『真実』を発見しました」という言葉が見られるようになりました。実際に韓国サポーターによる日本への中傷や罵倒はテレビや新聞などマスメディアでは報じられず、「きちんと書いているのはネットだけ」というマスメディア不信の文脈ができあがってしまった。

清:まさにそうですね。かたや、日韓W杯の時期というのは、韓国から対日感情は過去最高によくなっていました。W杯共催が決まってから、韓国では映画や音楽などの日本文化が開放されましたし。大会期間中も歌舞伎町や新大久保の在日コリアンの人も日本チームを応援していたのを覚えています。

木村:日韓W杯共催については、故・長沼健元日本サッカー協会会長がフランスW杯予選での日韓戦で「一緒にフランスW杯に行こう」という横断幕が韓国サポーターから出たのに感動したという逸話もありますね。長沼さんは戦後初めての日韓戦でゴールを決めた人ですが、その試合は当時の李承晩大統領が「日本に負けたら玄界灘に身を投げろ」といって選手を送りだしたという逸話もあるくらい激しいものでした。それだけに隔世の思いは強かったのだと思います。

週刊朝日 2013年10月11日号


トップにもどる 国内記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加