40年続くのは「奇跡」 ゲイカップルの切実な老後問題 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

40年続くのは「奇跡」 ゲイカップルの切実な老後問題

ライフプラン情報は「標準家族」向けが多いが、LP研にはゲイ仕様の情報を求めて参加者が集まる(撮影/高井正彦)

ライフプラン情報は「標準家族」向けが多いが、LP研にはゲイ仕様の情報を求めて参加者が集まる(撮影/高井正彦)


それから30年、彼らは店とともに年を重ねた。老親の介護で故郷に帰った人や亡くなった人もいる一方、いまも店に顔を出す人もいる。仲間の噂、芝居や映画の感想、イケメン俳優など、いくつになっても変わらない話題のなかに、自分たちの老後の話も交じるようになった。

「NHKで漂流老人の番組を見たときは、店で午前4時まで議論になったね。基本的に僕らゲイは死ぬときは一人だろう。だから、みんなで気にしあう。お金も必要だろうから、頼母子講(たのもしこう)でもやろうかって」(マサキさん)

AERA 2013年7月1日号


トップにもどる 国内記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい