ニュース

天皇家の引っ越し 三種の神器「勾玉」を28年前に運んだ元侍従が明かす秘話「天皇は日本文化の継承者」

天皇家の引っ越し 三種の神器「勾玉」を28年前に運んだ元侍従が明かす秘話「天皇は日本文化の継承者」

 9月20日、15日間に渡った天皇ご一家の引っ越しが終わった。 天皇陛下と皇后雅子さまは、赤坂御所を離れるにあたり、こう感想を寄せた。「歴代の天皇がお務めを果たされる上での礎となってきた皇居

dot.

10時間前

  • 北原みのり

    北原みのり

    「鉄の女」高市氏か、「母である」野田氏か 自民党の女性リーダーに熱狂できない理由

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、自民党総裁選と女性政治家について。*  *  * 3連休中、テレビは自民党総裁選のニュース一色だった。この選挙に勝つ人がこの国の総理にな

    dot.

    11時間前

  • 「自民党総裁選」書店では高市早苗が河野太郎を圧倒のワケ 『岸田ビジョン』は埋没

     17日に告示された自民党総裁選(29日投開票)は、いよいよ候補者同士の論戦がスタートした。その舞台は、テレビや記者会見だけではない。実は書店の場でも、候補者の著書が“デッドヒート&rdq

    dot.

    11時間前

  • 恩師が語る 小室圭くんは「モテていました。人を引きつける何かがあった」

     小室圭さん(29)は国立音楽大学附属小学校(音小、東京都国立市)の卒業生だ。小学校時代の恩師は、一連のバッシングに心を痛めていたという。約3年ぶりに帰国して、小室さんは何を語るのか。教え子を案じる恩

    週刊朝日

    12時間前

  • ミュー株、イータ株…変異株で気を付けるべきこと 専門家はデルタ株の新変異を警戒

     ミュー株やイータ株など、さまざまな新型コロナウイルスの変異株が国内で検出されている。気を付けるべきこと、知っておくべきことは何か。AERA 2021年9月27日号の記事を紹介する。*  *  * 厚

    AERA

    13時間前

  • 池袋暴走事故、禁錮5年に「軽すぎる」の声も…遺族感情が重視されない現状 弁護士は「若干重めの判決」

     禁錮5年の実刑判決に、母子を失った遺族は「短すぎる」と涙を流した。飯塚幸三被告はなぜこの量刑になったのか。90歳という高齢でも収監されるのか。 AERA 2021年9月27日号の記事を紹介する。* 

    1

    AERA

    13時間前

  • 自宅放置死250人は「人災」 英米のコロナ対策を知る日本人医師が指弾

     ワクチンの2回目接種が進んできたことも影響しているのか、「第5波」も収まりつつある日本。だが、医療崩壊により多くの自宅死を招いた結果について、英米の対策を知る医師は“人災”と

    週刊朝日

    13時間前

この人と一緒に考える

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「安倍さんの党ですね」

     作家・室井佑月氏は、自民党総裁選の候補者に突っ込みを入れる。*  *  * 9月8日付の「朝日新聞デジタル」によれば、「立憲民主党、共産党、社民党、れいわ新選組の野党4党は8日、野党共闘を呼びかけて

    週刊朝日

    14時間前

  • 小島慶子

    小島慶子

    小島慶子「政治分野の男女格差は先進国で最大 アフガンより女性閣僚・議員が少ない日本」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    14時間前

  • 英アンドルー王子の性的虐待疑惑、荒唐無稽な弁明 国民から非難と嘲笑の的に

     英国の王位継承順位9位の王子が性的虐待疑惑にさらされている。王子は荒唐無稽な弁明に終始。さらにはチャールズ皇太子にも問題が起きた。AERA 2021年9月27日号から。*  *  * アンドルー王子

    AERA

    9/22

  • ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「『保守で朗らかな荒くれ者』高市早苗始動!」

     ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、自民党総裁選出馬を決めた高市早苗さんについて。*  *  * 実に弁舌さわ

    週刊朝日

    9/22

  • 眞子さま「駆け落ち婚」の何がいけないのか 森暢平教授、国民「小姑」化を憂う

     婚約内定発表から約4年のときを経て、ようやく成就する眞子さまの結婚は、手放しの「祝福ムード」とはいかぬままゴールを迎えそうだ。2人の結婚をどうとらえればいいのだろうか。皇室の結婚に詳しい森暢平教授に

    週刊朝日

    9/22

  • 高市早苗に「プリテンダー」の声 女性の悔しさ知るはずなのに「この道しかない」のか

     高市早苗という政治家の原点は、自分に真っすぐな「シスターフッドの人」ではなかったか。「わきまえて」見える彼女のいまをつくったものは何か。AERA 2021年9月27日号から。*  *  * 高市早苗

    6

    AERA

    9/22

この人と一緒に考える

  • 前代未聞!派閥から3人候補推し「キングメーカー」二階幹事長の評判 地元の「引退勧告」もどこ吹く風

     9月29日に投開票の自民党総裁選は折り返し点を迎え、終盤戦に突入した。河野太郎ワクチン担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行が火花を散らす。メディア各社では投票権

    1

    dot.

    9/22

  • 【独自】滋賀県警が再審で無罪判決の元看護助手を再び「犯人視」 証拠文書を入手

     2003年、湖東記念病院(滋賀県東近江市)で早朝、人工呼吸器の管が外れて、男性患者が死亡。殺人罪に問われて、実刑判決が一度は確定。服役後の20年3月、大津地裁での再審で無罪判決が下された元

    1

    dot.

    9/22

  • 「眞子さま」から「小室眞子さん」へ 結婚の手続き、婚姻届やパスポートは?

     結婚とともに皇族を離れる眞子さま。「小室眞子さん」となる手続きは、今後どう進むのか。 民間人である黒田慶樹さんと結婚した天皇陛下の妹、黒田清子(さやこ)さんは2004年12月に婚約内定を発表。翌05

    週刊朝日

    9/22

  • 揺れる自民党1993年に酷似? 総裁選は脱「派閥・安倍」世代間対立の様相

     自民党総裁選(17日告示、29日投開票)が混戦模様だ。「脱安倍・麻生」「脱派閥政治」で世代間対立の様相を呈しているという。AERA 2021年9月27日号から。*  *  *「1993年によく似てい

    2

    AERA

    9/22

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「後退が止まらない日本経済を立て直せる新首相は誰か」

     野田聖子氏も立候補し、4氏での争いになった自民党総裁選。ジャーナリストの田原総一朗氏は次期総裁に託すことになる重大な問題は、日本経済の立て直しだと指摘する。*  *  * 岸田文雄、高市早苗、河野太

    週刊朝日

    9/22

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中「民への愛が欠落した菅政権 自宅療養問題を解消しないまま行動制限の緩和へ」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 菅義偉政権を一言でいうと、「安倍氏なき安倍危機管理内閣」でした

    AERA

    9/22

1 2 3 4 5

カテゴリから探す