ニュース

眞子さまと小室さんが再会へ『プリンセスの恋物語』Netflixでメ―ガン商法を狙える

眞子さまと小室さんが再会へ『プリンセスの恋物語』Netflixでメ―ガン商法を狙える

 秋篠宮家、長女の眞子さまと小室圭さんの婚姻届け提出と記者会見の日が近づいている。18日に小室さんが秋篠宮家を訪問することが明らかになり、眞子さまと実に3年2カ月ぶりの再会となる。結婚後、ニューヨーク

dot.

3時間前

  • 「マスコミの取材態勢は時代に逆行している」 ジャーナリスト・外岡秀俊が語る「縦割り取材」の限界

     日本は最先端技術の分野で「世界一」だと信じてきたが、コロナ禍で蓋を開けてみれば、見えてきたのは「技術大国」のお寒い現状だった―――。先ごろ上梓した『価値変容する世界』(朝日新聞出版)でこう指摘するの

    2

    dot.

    4時間前

  • 岸田首相と文在寅大統領が初の電話会談も平行線「韓国の30代の約7割が日本は変わるべき」の声

     新たに発足した岸田文雄首相はお隣の韓国でも注目を集めている。元徴用工訴訟、慰安婦問題、レーダー照射、竹島の領有権を巡る問題など、日韓政府の主張が対立して近年は関係が大幅に悪化。岸田首相が就任したこと

    13

    dot.

    4時間前

  • 【独自】コロナ「幽霊病床」第5波ピーク時に3割の尾身理事長JCHOは補助金311億円 岸田首相が解消へ 

     新型コロナの感染者が急減する一方で、第6波に備えて岸田文雄首相が医療体制の強化に動き始めた。全国で11万人以上の自宅待機者があふれた第5波では、ピーク時にコロナ即応病床と申告し、多額の補助金を受け取

    dot.

    10/16

  • 小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)と小室圭さん(30)は、今月26日に婚姻届を提出し、記者会見を行う。結婚の日が迫るなか、小室家と小室さんの母、佳代さんの元婚約者との間の金銭トラブルは解決しておらず、

    dot.

    10/16

  • よど号ハイジャック事件の全容と「明日のジョー」の悲しき証明

     訴状、蹶起趣意書、宣言、遺書、碑文、天皇のおことば……。昭和・平成の時代には、命を賭けて、自らの主張を世の中へ問うた人々がいた。彼らの遺した言葉を「檄文」という。 保阪正

    dot.

    10/16

  • 駅に設置の顔認証カメラで「出所者検知」の波紋 ミシェル・オバマを「男性」と判定した精度の低さ指摘も

     駅での防犯対策として、JR東日本が顔認証機能付きカメラを用いて刑務所からの出所者や仮出所者の一部を検知する仕組みを導入していたことが報じられた。同社は「社会的なコンセンサスがまだ得られていない」とし

    dot.

    10/16

この人と一緒に考える

  • 下川裕治

    下川裕治

    「どうしたの?」2時間後タイ人の妻が急に泣き出した 自主隔離で心のケアが抜け落ちている

    「おや?」と思って立ち止まる。そしてはじまる旅の迷路――。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界を歩き、食べ、見て、乗って悩む謎解き連載「旅をせんとや生まれけむ」。今回は、ある

    dot.

    10/15

  • 参院補選出馬のへずまりゅう「山口県の大スターと思っちょう」に地元民の反応は…

     24日に投開票される参院山口選挙区補選で、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)公認で立候補している元迷惑系YouTuber「へずまりゅう」こと原田将大氏(30)の政見放送が反響を

    2

    dot.

    10/15

  • 公認争いで負け続ける「二階派」が壊滅状態に? 衆院選で元閣僚らが軒並み落選危機

     14日、衆議院が解散した。臨戦モードに突入したが、二階派の議員の多くが窮地に陥っている。参議院から鞍替えした林芳正元文部科学相と山口3区で公認を争っていた二階派の重鎮・河村建夫元官房長官が引退を表明

    dot.

    10/15

  • 下重暁子

    下重暁子

    女性首相誕生に期待も 作家・下重暁子「女なら誰でもいいというわけではない」

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、女性首相について。*  *  * 岸田政権が発足した。内閣の顔ぶれには、馴染みの顔が少ない。という

    週刊朝日

    10/15

  • 「好きな政治家」トップは河野氏「嫌いな政治家」は安倍氏 岸田首相は圏外

     人の話をよく聞くことを特技とする総理大臣が誕生した。ならば総理、本誌読者の声を真剣に聞いていただけまいか。永田町にいてはわからない国民の感覚を知ることができるから。ご自身の存在感の希薄さを認めるのは

    30

    週刊朝日

    10/15

  • 衆院解散で「党高政低」消された岸田総理の令和版所得倍増計画と危ぶまれる存亡

     衆院は臨時国会会期末の10月14日に解散された。岸田文雄総理は続く臨時閣議で「19日公示―31日投開票」の日程で第49回衆院選を行うことを決定。与野党は選挙に突入した。 前回の安倍政権での2017年

    1

    dot.

    10/14

この人と一緒に考える

  • 日本女性の政治代表、海外水準を「著しく逸脱するほど不公平」 小選挙区制がジェンダーバランスの壁に?

     導入されて25年が経つ「小選挙区比例代表並立制」。与野党対立の構図が固定化し、「人」を選ぶことができないという問題点が指摘されている。さらに毎回同じ顔ぶれが争いを繰り広げ、政界のジェンダーバランスの

    AERA

    10/14

  • なぜ山本一太群馬県知事は「ランキング44位」に激怒したのか 調査会社は「理解できません」と反論

     民間シンクタンクが公表した都道府県魅力度ランキングで、群馬県が44位(前年40位)に沈んだことに、法的措置をちらつかせた山本一太知事の姿勢が議論を呼んでいる。群馬県民からは「県民に失礼だ」と知事に賛

    dot.

    10/14

  • 岸田内閣のモーニング姿にドン小西「自分の裾も改革できない」

     自民党の岸田文雄総裁(前列真ん中)は首相に指名され、新内閣が発足。10月4日、これまで通り夜には、首相官邸の赤い大階段で閣僚たちがそろって記念撮影におさまった。ドレスコードは、男性閣僚が「モーニング

    週刊朝日

    10/14

  • 小泉進次郎氏、国民の人気なかった? 「好きな政治家」調査でトップ10入らず

     本誌が実施した「好きな政治家、嫌いな政治家」アンケート。総裁選でタッグを組んだ「小石河連合」の人気の差が出た結果となった。河野太郎氏は1位、石破茂氏は4位に入ったが、小泉進次郎氏はトップ10圏外だっ

    週刊朝日

    10/14

  • 池上彰×山口二郎 衆院選で野党が政権交代するには「二者択一の構図」が重要

     衆院選で共闘による岸田文雄政権の打倒を目指す野党。だが、共産党について否定的な見方を持つ連合や有権者もおり、一筋縄ではいかない。どう戦えばいいのか。AERA 2021年10月18日号で、ジャーナリス

    AERA

    10/14

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「雇われママの役目とは」

     次の総理は岸田文雄さんになった。この原稿を書いているのは10月3日。すでに新しい自民党の四役は決まった。幹事長は甘利明税調会長、政調会長には高市早苗前総務相、総務会長には福田達夫衆院議員、選対委員長

    週刊朝日

    10/14

1 2 3 4 5

カテゴリから探す