AERA dot.

第76回『ライヴ・アット・サムデイ・イン・東京』ボビー・ワトソン

文・林建紀

プロフィール   バックナンバー   ミュージック・ストリート トップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1999年に来日したミュージシャンの参加作は12作、前年からさらに2作減った。スタジオ録音は3作あって、いずれも日本人との共演で1作が和ジャズだ。ライヴ録音は9作あって、4作が日本人との共演で3作が和ジャズだ。候補6作からボビー・ワトソン(アルトサックス/作編曲)率いるビッグバンドの『ライヴ・アット・サムデイ・イン・東京』を取り上げる。選外作はデータ欄の【1999年 選外リスト】をご覧ください。

 1977年に「アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ」の奏者/音楽監督に迎えられ名を上げたワトソンは在団中の1979年に初来日した。1981年の退団後も「マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル」(87年~89年)、「ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル・イン・斑尾」(92年、94年)、クラブ出演などで訪れ、2010年までの来日数は10度を超える。半数ほどは「メッセンジャーズ」がらみだ。

 1980年代から90年代、ワトソンは編成も方向性も異なる4グループを組織する。推薦盤のリーダー名にある「テーラーメイド」は17人編成のビッグバンドで、推薦盤はワトソンの旧友である「サムデイ」の店主、森茂信氏の肝煎りで実現した再現の記録だ。ワトソンが率いるのは森氏がトップクラスのジャズメンを集めて1996年に立ち上げた「東京リーダーズ・ビッグバンド」で、我がジャズ界を代表する錚々たる面々が居並ぶ。

 公演に先立って周到な準備がなされた。その2カ月前に森氏が渡米、12曲を選曲してスコアを持ち帰り、バンド単独で数度のリハを重ねたとある。推薦盤の収録曲で、唯一の先行盤『テーラーメイド』(Columbia/1992)と重複するのは《ミス・B.C.》だけだ。

 《デュアル・カンヴァセイション》は速めのミディアムで。「夜遅く、みんなが飲み、楽しい時を過ごし、おしゃべりしてる」とワトソンが解説するように、トランペット隊に2トロンボーンにアルトなど、いろんな会話が交錯する楽しいアンサンブル・ワークだ。


(更新 2017.8.28 )


バックナンバー   コラム一覧   ミュージック・ストリート トップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

林 建紀(はやし・たつのり)

 ジャズ研究家/翻訳家。com-post同人。1950年生まれ。同志社大学軽音楽部出身。著書に『週刊ラサーン ローランド・カークの謎』(プリズム・ペーパーバックス)、訳書に『ローランド・カーク伝 溢れ出る涙』(河出書房新社)、共著に『JAZZ TRUMPET』『JAZZ PIANO』『JAZZ SAX』(シンコーミュージック)、『読んでから聴け! ジャズ100名盤』(朝日新書)などがある。Twitterのアドレスはhttps://twitter.com/#!/tahsaan_h