dot.[ドット]

ミュージック・ストリートコラム 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小熊一実
[オススメ・ライヴ情報&トピックス]

  • 第115回 ノラ・ジョーンズと本の自炊 (2017/3/22)

     最近、ある事情があって、事務所を片付けている。それも、徹底的にだ。 わたしの事務所は、散らかっている。その主な原因といえば、ものが多いのだ。特に、本とレコード、CD、DVDの類いが多い。それと書類やチラシだ。 CDとDVDはパソコンに取り込んで、売った。まだ残っているがさほど多くはない。処分は簡単...

谷川賢作
[ほめちぎっちゃうぞっ!]

  • 第61回 賢作君とデミアン君の若かりし頃 (2017/3/21)

     その昔、まだ私が20になるかならんかの頃、南浦和の某ライブハウスでハコに入っていた時のことです。このライブハウスは浦和の某大病院の精神科のトップのお医者様が、ミュージシャンの卵の息子さんのために、ボンっ!と作ったもので、駅前のビルの5階の、富士山の溶岩なども使った、すんばらしいゴージャスなお店。こ...

大友博
[ボブ・ディラン名盤20選]

大友博
[ロサンゼルスから届けられた名盤、名曲たち]

  • 第21回 新生フリートウッド・マックの誕生 (2016/6/ 1)

     ロサンゼルス市ヴァンナイズ地区のスタジオをテーマにしたドキュメンタリー・フィルム『サウンド・シティ』は、心から音楽を愛し、トレンドに流されることなく、自分だけの音を創造するための努力をつづけてきた人たちの想いやこだわりが伝わってくる作品だ。2013年に公開され、日本ではWOWOWでも放送されたこの...

原田和典
[Girls!Now]

  • 第64回 ステレオサウンドの編集者/カメラマン、ヤスさんにインタビュー その3 (2017/2/21)

    「“河合奈保子のエスカレ―ションって、なんていい曲なんだろう”って感動しました。アイドルの世界には、曲から入ったんですよ」 アイドルの取材に撮影に動き回る男、ヤスさんへのインタビュー。その第3弾をお届けしたい。「アイドルを撮ること」をテーマにした前回は、おかげさまで多大な反響をいただいた。今回は時計...

大友博
[エリック・クラプトン全アルバム・ガイド]

  • 第78回 『ライヴ・イン・サンディエゴ』エリック・クラプトン with J.J.ケイル (2016/10/12)

     2016年4月、エリック・クラプトンは、日本武道館で5回のライヴを行なっている。東京のみだったのでツアーとは呼べないが、それは公式の日本公演、通算21回目となるものだった。そのなかで、とりわけ強く印象に残っているのが、1974年の初来日を別にすると、ドイル・ブラムホールⅡ、デレク・トラックスとのト...

後藤雅洋
[ジャズの聴き方・楽しみ方]

  • 第38回 ジャズを取り巻く状況の変化について (2017/2/27)

     ここ数年、ジャズ・シーンは明らかに活性化しており、カマシ・ワシントンやスナーキー・パピーといった斬新なミュージシャンのアルバムが次々とリリースされるだけでなく、来日公演も興味深いものが目立っています。2月2日に『ブルーノート東京』で見た「ダニー・マッキャスリン・グループ」のライヴもそうしたものの一...

後藤雅洋
[ニール・ヤング全アルバム・ガイド]

  • 第65回 『ブルーノート・カフェ』ニール・ヤング (2015/12/16)

     2015年11月半ば、ニール・ヤングは、06年ごろから熱心に取り組んできたアーカイヴ・シリーズのパフォーマンス編第11弾として『ブルーノート・カフェ』を発表している。アルバム『ディス・ノーツ・フォー・ユー』への着手と同時にスタートした1987年11月から翌年9月にかけてつづけられたニール・ヤング&...

林建紀
[ライヴ・イン・ジャパン名盤選:ジャズ編]

  • 第71回『ライヴ・アット・ダグ』バリー・ハリス (2017/3/13)

     1995年は前年から3組増となる137組が来日した。横ばいと言っていいだろう。40組のフュージョン/ワールド/ニューエイジが首位に返り咲き、36組の新主流派/新伝承派/コンテンポラリー系、27組の主流派、19組のヴォーカル、5組のフリー、同数のモダン・ビッグバンド、4組のR&B/ファンク、わずか1...

中山啓子
[さわりで楽しむ音楽洋書]

  • 第46回 ポール・マッカートニーと共作していた頃のエルヴィス・コステロ (2017/3/27)

    『アンフェイスフル・ミュージック&ディスアピアリング・インク』エルヴィス・コステロ著●第29章 ザッツ・ホウェン・ア・スリル・ビカムズ・ア・ハートより ポール・マッカートニーと僕が共作に取り組んでいた1987年のある日、ポールが僕に、ロンドンに行きツアー・バンドのメンバーを募るため、仕事を切り上げな...

大友博
[時代を変えた伝説のギター・ソロ36選]

このエントリーをはてなブックマークに追加