AERA dot.

林建紀[ジャズ・ミュージシャンの系譜]

ミュージック・ストリートトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドラムス その2  (2008.3.21)

    ●ケニー・クラーク(1914‐1985)モダン・ドラミングの開祖 ケニー・クラークは、ジョー・ジョーンズが編み出したハイハットによるリズムのキープをトップ・シンバルに置き換え、スネアやバス・ドラムで不規則なオフ・ビート・アクセントをつけるという試みによってモダン・ドラミングの扉を開いた。しかし「クラ...

  • ドラムス その1  (2008.3.13)

    ●ジャズ・ドラムス前史ジャズのオリジナル楽器 ジャズはニューオリンズのブラスバンドを母体とする。管楽器はそこから、ピアノはラグライムから、弦楽器は民族音楽とクラシックから持ちこまれた。ドラムス(ドラム・セット)だけはジャズを起源とする。構成する打楽器はブラス・バンド伝来だが、重要なセット化はジャズ界...

  • ベース その2  (2008.2.28)

    ●チャールス・ミンガス(1922‐1979)ジャズ・ベース史上の巨人 チャールス・ミンガスの功績で重視されるのは、サウンド・クリエイターとしてだろう。奏者としての腕前がそれほど語られないことでは、ミンガスが敬愛してやまなかったデューク・エリントン(ピアノ)に通じる。たしかに、壮大で脂ギッシュなミンガ...

  • ベース その1  (2008.2.14)

    ●ジャズ・ベース前史無くても困らない楽器だった ジャズ創世記からベースは使われていたが(注1)、発展は大きく遅れた。30年代末に天才ジミー・ブラントン(後述)が出現するまで、他の楽器で現れたような革新者は出ていない。それは置かれた地位に起因する。ベースのコードを供給する機能はピアノやバンジョーで、ビ...

  • ギター その2  (2008.1.24)

    ●ジミー・レイニー(1927‐1995)玄人うけするギタリスト チャーリー・クリスチャンを聴いていると、「このフレーズはサックスじゃないよな」と感じることがままある。ホーンライクといわれるが、多分にギター・オリエンテッドだと思う。直系のバーニー・ケッセルにも感じる。ジミー・レイニーは、滑らかなピッキ...

  • ギター その1  (2008.1.17)

    ●ジャズ・ギター前史バンジョーからギターへ ジャズ創成期から40年あまり(アコースティック・)ギターは恵まれない楽器だった。一にも二にも音量が乏しかったせいだ。30年代の終わりにエレクトリック・ギターが導入されて音量と表現力が増すまで、日陰の身に甘んずるほかなかった。リズムおよびコード楽器の役割は、...

  • ピアノ その4  (2007.12.27)

    ●ビル・エヴァンス(1929‐1980)パウエル後の最大の改革者 ジャズ・ピアノのアプローチはリズミック(打楽器的)、メロディック(管楽器的)、ハーモニック(鍵盤楽器的)の順に進展した。西洋化の極みとも本家帰りとも思えるハーモニックな改革を成しとげたのがビル・エヴァンスだ。ソロにおいても、エヴァンス...

  • ピアノ その3  (2007.12.13)

    ●セロニアス・モンク(1917‐1982)非西洋的アプローチの継承者 ジャズ・ピアノの歴史は、西洋音楽の権化というべきこの楽器にアフリカの発音を叩きこむことから始まった。ストライドやブギ・ウギのポリリズミックでパーカッシヴでアクロバティックな奏法は、この楽器に対する黒人らしいアプローチだ。しかしスウ...

  • ピアノ その2  (2007.11.22)

    ●ナット“キング”コール(1919‐1965)大ポピュラー・シンガーの前職 ナット“キング”コールは偉大なジャズ・ピアニストだった。かつては、こう書きだすのがガイドブックの常だった。大ポピュラー・シンガーとして広く知られる一方で、ジャズ・ピアニストとしての功績は等閑視されていたからだ。「それって誰?...

  • ピアノ その1  (2007.11. 8)

    ●ジャズ・ピアノ前史ラグタイムからストライドへ ジャズは19世紀末にニューオリンズのブラス・バンドから生まれた。ブラス・バンドにピアノはないから、ジャズ・ピアノの出自は他の楽器と異なる。ルーツは19世紀末に中西部で生まれたラグタイムというダンス音楽だ。リズムは黒人的だが、形式はヨーロッパのピアノ音楽...

このエントリーをはてなブックマークに追加