AERA dot.

貴堂行雄[ジャズとよい音の関係]

ミュージック・ストリートトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャズほど素敵な商売はない『ワークタイム/ソニー・ロリンズ』  (2013.2.28)

     春はサヨナラの季節であるとともに、新しい生活がはじまる季節でもある。ちょうど30年前の今頃、高校卒業式の翌日だ。どこの会社も新入社員の出社は4月からだと思って気持ちよく寝ていたら、「なに寝てんねん!?はよ起きんかい!」 親父に叩き起こされた。 学校を、卒業したら社会人。へたな川柳みたいだが、まさに...

  • アイム・オールド・ファッションド『ブルー・トレイン/ジョン・コルトレーン』  (2013.2.14)

     普通、理容室の内装は10年、早ければ7~8年で寿命がくる。JimmyJazzは、24年間一度も改装せずに、ここまでもたせてきたわけだが、最初の工事のときは、完成が遅れに遅れ、新規オープンのチラシを入れるにも開店日確定の目処がたたず、ずいぶんイライラさせられた。 家を建てたことがある人なら、わかると...

  • 初夢にかえて『ソニー・サイド・アップ/ディジー・ガレスピー』  (2013.1.31)

    「JimmyJazzができるまでの話、面白いですね!」 えっ?なんでそんなこと知ってるんですか? 新年早々、頭を刈りにいらした常連さんに言われて驚いた。「Astand(のジャズストリート)購読してるんですよ」 まさか、当店の顧客がジャズストリートを見てるとは思わなかったので、えらく恐縮してしまった。...

  • JimmyJazz物語[5] Masterの誕生『エブリバディ・ディグズ・ビル・エヴァンス』  (2013.1.24)

     1985年から1990年にかけて興ったバブルの時代、日本人全員がまるで熱病に冒されたように消費に明け暮れた。「もっと良い生活を」「もっとグレードの高いものを」と、満足することなくどんどんエスカレートしていった。ベンツやジャガー、BMWなどの高級車をハタチそこそこの若造が乗り回したり、女子大生がゴル...

  • JimmyJazz物語[1] 奇妙な果実『奇妙な果実/ビリー・ホリデイ』  (2012.11. 1)

     1987年ごろの話である。 世間はバブルの真っ只中。お洒落なカフェバーがブームで、そういうところに行くと(わたしはあまり行かなかったが)、判で押したようにジャズが流れていた。やけに高いカウンターに、これまた足の届かないような高いスツール。アルマーニのスーツでキメた男とボディコン女が待ち合わせ。粋な...

  • 初めて買ったジャズのレコード『ウエス・モンゴメリー/フル・ハウス』  (2012.10. 4)

     初めて買ったジャズのレコードの話をしよう。 たしか二十歳くらいだったと思う。忘れもしない大阪ミナミは千日前の中古レコードショップ。そこでウエス・モンゴメリーの『フル・ハウス』を買ったのだ。 友人のお父さんのレコードコレクションから、何曲かピックアップしてカセットテープに吹き込んでもらい、繰り返し聴...

このエントリーをはてなブックマークに追加