AERA dot. 5th anniversary

デイヴィッド・サンボーン

文・内山繁

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 マンハッタンはヴィレッジのど真ん中にある、ニューヨークの名門ジャズ・クラブ「Blue Note」が東京にやって来た。

【フォトギャラリーはこちら】

 プレイするミュージシャンをかたどった外壁のレリーフ、大きく「JAZZ」と染め抜かれたフラッグやエントランスのキャノピーまでもニューヨーク本店そのままに、東京南青山の骨董通りに「ブルーノート東京」がオープンしたのは1988年11月のこと。

 外観ばかりじゃない、壁もステージも、椅子やテーブルまでもが本家Blue Noteを彷彿させる作りの店内。そしてオープニングを飾るトニー・ベネットを皮切りに、週替わりで名を連ねる出演者リストは、本当にこれはニューヨークじゃなく、東京のジャズ・クラブなのかと疑うほど、超大物が並んでいた。

 22年間のこのクラブの歴史の中で、最多出演者が誰か知らないけど、ブルー・ノート東京に出演15回目のデヴィッド・サンボーンにカメラを向けるチャンスをいただいた。

 ニューヨーク・オールスターズの一員として初来日したサンボーンに、初めてカメラを向けたのは1978年、以後数多く来日している親日家で、インストルメンタル部門やフュージョン部門で数々のグラミーを受賞している実力人気ともにトップクラスのアルト・プレイヤーだ。

「この40年の中で最も偉大なサックス奏者の1人である。」とローリング・ストーン誌に言わせたサックス奏者の、多くを見て聴いて来られたのはとても幸運だ。

「泣きのサンボーン」と言われる特徴的な音色が飛び出すのも嬉しく、「サンボーン節」を楽しく聴きながら、ぼくは笑顔でシャッターを押していたのだった。

 先ごろリリースされたアルバム「オンリー・エヴリシング」は、レイ・チャールズへのオマージュ作品と言われる。ニューヨーク・オールスターズから長年の朋友スティーブ・ガッド(ds)を迎えた、サンボーン24枚目の新作は、ジョーイ、デフランセスコのオルガンと絡んで、ファンキーでブルージーな「サンボーン節」濃密です。


デイヴィッド・サンボーン:David Sanborn (allmusic.comへリンクします)
→サクソフォーン奏者/1945年7月30日-


(更新 2010/3/18 )


バックナンバー

ミュージック・ストリート トップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

内山繁

 多数のレコードジャケット、音楽誌等に精力的に作品を提供。マイルスを10年間にわたって追った写真集「マイルス・スマイルズ」を93年に出版