AERA dot.

須永辰緒[ジャズ・レコード・クロニクル]

ミュージック・ストリートトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ~ジャズの隙間~  (2013.2.28)

     以前ジャズシンガーのMAYAさんの作品で「マルティニークの女」というタイトルのアルバムを見つけた時にすごく良いタイトルだなーと思ったことがあります。 マルティニークやグアダループといったカリブ海に点在する島々を主に”フランスの海外県”と称するようですが50年代や60年代にかけてイギリスやフランス本...

  • シカゴ発のレーベル、VEE JAYの隠れ名盤  (2013.2. 7)

     昨年9月になりますが「VEE JAYの夜ジャズ Compiled by Tatsuo Sunaga」(ビクター:VICJ-61673)というコンピレーションアルバムを編集させて頂きました。自身の冠が付いたコンピレーションを制作させてもらうこと、これは私のようなDJにとって最大級のご褒美と言えます。...

  • ~米インディーズジャズ考~  (2012.12.27)

      こよなく愛読している世界最強にニッチなジャズ雑誌で「レコードで聴く事しかできないジャズ」という連載対談がありいつも興味深く拝読しております。そもそもその某誌には数多くのジャケットが並んでいますがほとんど分かりません。レコード番長などと名乗っておきながら(正確には名乗っていません。とある方が流布し...

  • Jazz in Argentina  (2012.11.29)

    「Enrique Villegas-Paul Gonzalves-Willie Cook/Encuentro」(TROVA)TL22 大見得を切ったもののアルゼンチンのジャズ概要については未知な部分だらけです。そもそのアルゼンチンのフォークロアといえば断然タンゴというのは衆目の一致するところで、最近...

  • -「正解」問題 -  (2012.10.18)

     さてここに「ROY HAYNE'S Bushman's Holiday」(EmArcey MG-26046)という10インチ盤があります。もう一枚は「Swingin' with ROY HAYNES Vol.1」(Metronome MEP90)という7インチ盤です。これらはチャーリー・パーカーの...

  • 高価な7インチを買ってしまった  (2012.9.13)

    CHET BAKER/Chetty's Lullaby-So Che Ti Perdero (RCA VICTOR PM45 3068) 高価な7インチを買ってしまった。エンニオ・モリコーネ楽団をバックに全盛期の美声が朗々に棲む62'年録音。2曲入りのEPですが謎が多過ぎて久しぶりにPCで情報を検索...

  • 「格好いい!」と声を上げてしまう  (2012.8. 9)

    Michel Sardaby Quintet / FIVE CAT'S BLUES フランスの海外県マルティニーク出身のピアニスト、ミッシェル・サダビー(サルダビー表記もあり)のリーダー作。マルティニークといえば最近はグレゴリー・プリヴァ(p)なども注目されているがそもそも音楽密度の高い島で沢山のジ...

  • ~10インチの世界pt.1~  (2012.7. 5)

    ROY HAYNES / Bushman's Holiday (EMARCY)MG26048 私達は仕事柄12インチサイズのレコードバッグを持ち歩きます。キャスター付きのものもあればトートサイズの肩掛け式など、多岐に渡ります。一方でジャケットの概念がない7インチが多いのはアメリカ。ジュークボックスや...

  • ~欧州ジャズサンバの名演~  (2012.5.31)

    BOSSA'68/ALFONSO CARLOS SANTISTEBAN ジャズサンバの成り立ちについては深く言及しない。「スタン・ゲッツ/ジャズサンバ」がアメリカで大ヒットし”ジャズサンバ”がある種のジャズの一潮流として定着し、バークリー音楽院でマナーを学習した渡辺貞夫さんが帰国後にタクト・レコード...

  • 入手にものすごく苦労した一枚  (2012.4.26)

    Christian Schwindt Quintet/For Friends and Relatives (RCA VICTOR) LSP-10070 これは探しに探して探しまくった。ある日のとあるレコード屋のWEBサイトの更新の時である。そもそもそのサイトに出品されるレコードはほとんど見かけないよ...

このエントリーをはてなブックマークに追加