(4ページ目)ミュージックストリート アーカイブ - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アーカイブ

ミュージック・ストリートトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『ホワイトハウス・ジャズ・フェスティヴァル1978』  (2012.12.27)

    カーター大統領主催のジャズ・パーティーにセシルもオーネットも参加Whitehouse Jazz Festival 1978 (So What) まさかいまごろになって、このような音源が登場しようとは。あるいはネット上では飛び交っていたのかもしれませんが、ともあれ1978年6月、当時の大統領ジミー・カ...

  • ~米インディーズジャズ考~  (2012.12.27)

      こよなく愛読している世界最強にニッチなジャズ雑誌で「レコードで聴く事しかできないジャズ」という連載対談がありいつも興味深く拝読しております。そもそもその某誌には数多くのジャケットが並んでいますがほとんど分かりません。レコード番長などと名乗っておきながら(正確には名乗っていません。とある方が流布し...

  • 『1619ブロードウェイ/カート・エリング』  (2012.12.27)

    グラミー賞への期待も高まる、2012年度屈指のヴォーカル作1619 Broadway / Kurt Elling (Concord Jazz) 12月5日に第55回(2012年度)グラミー賞のノミネートが発表された。その中から本稿で紹介していなかったアルバムを、今年最後のレヴューとして取り上げたい。...

  • 『イン・ヴェロナ1990』  (2012.12.20)

    困った息子エリン・デイヴィスの存在In Verona 1990 (Cool Jazz) この原稿を書いているのは12月16日で、アップされるのは20日ということになります。そしてマイルスの音源に関しては、これが今年最後の更新でもあります。来週もう1回分更新される予定ですが、そちらでは別の音源を取り上...

  • 『セヴン/ディノ&フランコ・ピアナ』  (2012.12.20)

    イタリアの父子ダブル・リーダーのジャズ・オーケストラSeven / Dino & Franco Piana (Alfa Music) 新録新譜のリリース点数において、最も活況を呈して久しいのがイタリアだ。ぼくでさえも素性の知らないミュージシャンの作品が、日本市場に溢れており、それらが一体どの程度のセ...

  • 『フル・ハウス/アレックス・リール』  (2012.12.13)

    コペンハーゲンの“ジャズハウス・モンマルトル”での記念ライヴFull House / Alex Riel (Storyville) アレックス・リールと言えば、2007年10月の出来事を思い出す。ニルス・ラン・ドーキー・トリオのドラマーとして来日。それを知ったぼくは、事前にMySpaceを通じてリー...

  • デューク・エリントンが残した足跡  (2012.12.13)

    ●デューク・エリントンが残した足跡 デューク・エリントンのように国際的に活躍し、文化的な影響を永続して及ぼしたアーティストは、アメリカのいかなる表現形式においても皆無に等しい。 エリントンは優に半世紀の間、音楽界の第一人者として君臨した。彼は、《ムード・インディゴ》や《ドント・ゲット・アラウンド・マ...

このエントリーをはてなブックマークに追加