最新記事

  • 「ケアする側は優秀な『探偵』に」 英国の認知症ケア「PCC」とは

     日本でも実践されるようになった、海外発の認知症ケア「ユマニチュード」。そんなユマニチュード」と並び海外発の認知症ケアとして知られるのが英国発祥のパーソン・センタード・ケア(Person Center

    AERA

    11/10

  • 中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

     若年性認知症の親を持つ子どもは仕事と介護に奔走する親を見て、家事や病院の付き添い、きょうだいの世話、入浴やトイレの介助などを手伝う。こうした18歳未満の介護家族は「ヤングケアラー(子どもケアラー)」

    AERA

    11/10

  • 東尾修

    東尾修

    ソフトバンク甲斐拓也の捕球位置が抜群な理由 東尾修が解説

     2年連続の日本一を決めた福岡ソフトバンクホークス。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、その強さの訳の一つに、捕手の甲斐拓也選手の名を挙げる。*  *  * 日本シリーズの最終的な行方

    週刊朝日

    11/10

  • 鈴子

    鈴子

    京都の鬼門封じと呼ばれる穴場紅葉スポットとは?

     今年の紅葉は、台風による倒木や塩害などの影響を受け、例年のように鮮やかな色付きが期待できないスポットも出ているとか。関東は特に塩害の被害が大きく、枯れてしまった木々もあるようで、自然の力の大きさを改

    dot.

    11/10

  • 運命のJリーグ最終節! 印象に残る3試合を「Foot!」プロデューサーが明かす

     J2最終節の11月17日まで残り約1週間、2試合を残すばかりとなった。 1部昇格のレギュレーションとして昨年までは、1・2位は自動昇格、3~6位によるプレーオフ(以下PO)準決勝、決勝を勝ち抜いた1

    dot.

    11/10

  • 諸河久

    諸河久

    上野「不忍池」を走った50年前の路面電車 鮮やかに写す貴重なカラーポジは当時いくら?

     2020年の五輪に向けて、東京は変化を続けている。前回の東京五輪が開かれた1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路

    dot.

    11/10

この人と一緒に考える

  • 片山さつき地方創生相 珍答弁連発でも自民党は余裕「勝手に野党とやってて」

     国税庁への口利きと100万円授受疑惑を皮切りに、不透明な政治資金や公職選挙法違反の疑いのある看板の設置などで追及されている片山さつき地方創生相。9日の衆院内閣委員会でも、苦しい答弁が続いた。 焦点と

    dot.

    11/9

  • インプット中心の働き方はムダ? 精神科医が明かす、アウトプットの鍛え方とは

    インプット中心の働き方はムダ? 精神科医が明かす、アウトプットの鍛え方とは

     スキルアップのためにセミナーをたくさん受講したり、成長のために多数のビジネス書を読んだり...。積極的に自己研鑽に励んでいるが、どうも結果に結びつかない。知識を詰め込むインプットで終わってしまう..

    BOOKSTAND

    11/9

  • 菅田将暉、最新作で向き合った「生きることの大変さ」

     AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲

    AERA

    11/9

  • QUEENフレディ・マーキュリーの大盤振る舞い 日本人ボディーガードが明かす

     1973年のデビュー以来、世界中を熱狂させたロックバンド・クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリー。45歳で死去した彼の「真実」を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開を機に、合計7回の来日で警

    週刊朝日

    11/9

  • 小倉エージ

    小倉エージ

    奇跡の復活! スティーヴ・ペリーの新作ソロの“泣きどころ”

     スティーヴ・ペリーの復活作が話題を呼んでいる。世界同時に10月に発売された24年ぶりのソロ・アルバム『トレイシズ』は、全米アルバム・チャートで初登場6位に。ジャーニー時代には何枚ものトップ10アルバ

    週刊朝日

    11/9

  • 1泊10万円に高級ワイン… 外国人富裕層が溢れるニセコで「留学」するメリット

     瀟洒なコンドミニアムが立ち並び、道路沿いの看板はほぼ英語。カフェに入れば店員も客もほとんどが外国人……。こんな場所が北海道にある。それがスキーリゾート・ニセコだ。英語が溢

    dot.

    11/9

この話題を考える

  • 49歳で3カ月の病気療養…結婚を諦めかけた女性が、わずか5カ月でスピード婚を果たした“きっかけ”とは?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    11/9

  • 内田篤人も称賛…鈴木優磨は“大迫のバックアップ問題”を解決するのか?【河治良幸】

     サッカー日本代表の森保一監督は11月16日のベネズエラ戦と20日のキルギス戦に向けた23人のメンバーを発表した。FWでは大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)、前回は追加招集だった北川航也(清水)に加え、鈴

    dot.

    11/9

  • 沖昌之

    沖昌之

    【沖昌之】お母さんのしっぽに夢中! かわいらしい親子のワンショット

     主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「おかーさん、止まるときは右手で合図して」をお

    AERA

    11/9

  • 英語が苦手な親でも大丈夫! 家庭で英語力が伸びる教材

     2020年度から本格的に始まる小学校での英語教育。5、6年生は教科となるなど、学年とともに英語の比重が上がってきます。そこで気になるのが家庭でのサポート。「英語が苦手だし、習い事はお金がかかる。一体

    AERA

    11/9

  • カトリーヌあやこ

    カトリーヌあやこ

    「下町ロケット」は演技力より意外性? “配役の下町マジック”に注目

     漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「下町ロケット」(TBS系 日曜21:00~)をウォッチした。*  *  * 画面いっぱいの顔面で圧力を高め、耐えて耐えて倍返しする季節が、またやって

    週刊朝日

    11/9

  • 沢田研二の元“追っかけ”が語る永遠のジュリー愛

     50~70代の「大人女子」が元気だ。公演中止問題で注目を集めた沢田研二を支えるファンの中心もこの世代。いわば「基礎票」となってジュリーの観客動員数を支えている。彼女たちは今回の騒動をどう見たのか。*

    週刊朝日

    11/9

1850 1851 1852 1853 1854

カテゴリから探す