AERA dot.

夫を立て、陰ながら支える 「デキた嫁」礼賛社会にイラッ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#半沢直樹#結婚

半沢直樹、ロンブー淳……。
「内助の功」「良妻賢母」の市場価値が急上昇している。
でもそれ、「素敵な奥さんファンタジー」では? 
そろそろやめませんか。

* * *
久しぶりに会った大学時代の友人たちとの飲み会は、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(39)が結婚した話でもちきりだった。
 「あんな奥さん、欲しいなあ」
 参加者8人のうち7人の男性が口をそろえる。大手商社役員秘書の女性(35)は、男子会の中心で「NO」を叫んだ。
 「あんな妻、実際いないから!」
 絶賛された淳の結婚相手とは、家事手伝いの西村香那さん(29)。元モデルで、淳とは5年前に交際して一度は別れ、1年前に復縁したという。9月17日に放送された「ロンドンハーツ」スペシャルは、香那さんがいかに献身的で従順な女性であるかを伝えた。

■浮気されたら私も反省
 淳への不満は「まったくないです」。淳の帰りが遅くても、メールも送らず起きて待っている。別れた後、淳の両親には感謝の手紙を送ったという。淳は結婚会見でこう言った。
 「浮気されたら私も一緒に反省します、と話したのを聞いて、こんなデキた嫁はいないと思いました」
 冒頭の飲み会で、男性陣が最も同調したのもこのセリフ。秘書の女性は反論したが一蹴された。
 「わかってないな。だからオマエは結婚できないんだよ」
 婚活歴5年以上。家事が苦手で、男性にロールキャベツを振る舞う前には5回練習した。
 「20代は嫁力アピールに必死だったけど、頑張りすぎて疲れたから、最近は見せかけだけ。香那さんのような女性を理想に掲げられると、婚活のハードルが高くなって困るんですよね」
 このところ「デキた嫁」の市場価値が急騰している。いわゆる「内助の功」や「良妻賢母」がもてはやされているのだ。
 有名人の妻22人を集めた番組が24日に放送され、福岡ソフトバンクホークスを退団した斉藤和巳を支え続けたスザンヌが「アゲ妻」のグランプリを獲得。同じ「おバカタレント」だった里田まいは、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大と結婚後、アスリート専門のフードマイスターの資格を取得。楽天を初優勝に導いたマー君の活躍の源は手料理だと話題になった。


トップにもどる ライフ記事一覧

続きを読む


   半沢直樹 , 結婚 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加